港南区・栄区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

9月5日付けで港南警察署長に着任した 村山 英彦さん 港南区在勤 59歳

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena

失敗や成功から学び取る

 ○…9月5日付けで港南警察署の署長に着任した。これまでは秦野警察署の署長として勤務していた。署員へのあいさつでは、警察としての組織力と総合力をつけることなどを要望した。警察官の職務についても触れ、警察官という職業ではなく、その人生を選んだからこその資質を身に付けることや心の持ちようの大切さを説いた。「職業上、私生活まで拘束されている。いろいろな意味での覚悟を持たせる必要がある」

 ○…組織として大切にしていることは「コミュニケーション能力」。犯罪捜査や事故現場においてはいかに情報を取れるかが大切だ。全国をみれば交番が襲撃されるケースもある。「失敗例から情報を共有し、学ぶことも大切」と話す。また、自身が自動車警ら隊に所属していた際には検挙の成功例を収集し、全国の警察署へ発信した。「こうしたコミュニケーションが組織力の底上げにつながる」と気を引き締める。

 ○…横浜生まれの横須賀育ち。大学では法律を学んだ。その知識を生かして誰かのためになる仕事がしたいと警察官の道へ進んだ。2008年に勤務した県警捜査2課では振り込め詐欺対策を担当。課内で考案された「騙されたふり作戦」では振り込め詐欺グループの検挙に貢献した。「当時から振り込め詐欺は多く、社会性の高い犯罪に関われたことは仕事のモチベーションにもつながった」

 ○…「港南区は交通のアクセスも良くにぎやか」と印象を話す。映画が好きで上大岡の映画館にはよく足を運んでいたという。地域防犯対策についても触れ、「警察だけではカバーできない分、地域の人たちの見守りの力は強い。今後も防犯協会を機能させ、防犯の強化を図りたい」。港南区の安心安全へ、覚悟を決めたところだ。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

なかむらしげこさん

シャンソン歌手として活動20年を迎え、バースデーコンサートを開く

なかむらしげこさん

港南台在住 70歳

2月20日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区在住 43歳

2月13日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

2月6日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

1月30日号

佐藤 史子さん

障害者スポーツ文化センター「ラポール上大岡」の館長を務める

佐藤 史子さん

鎌倉市在住 58歳

1月23日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク