港南区・栄区版 掲載号:2021年7月8日号 エリアトップへ

小学生バレー 港南台ジュニアが県制覇 男女混合チームで

スポーツ

掲載号:2021年7月8日号

  • LINE
  • hatena

 港南台第一小学校を中心に活動する小学生バレーボールチーム「港南台ジュニアバレーボールクラブ」が6月26日、全日本バレーボール小学生大会の県大会・混合の部で優勝を果たした。コロナの影響で全国大会は中止が決まった後だったが、目標としてきた大会で最高の結果を出した。

男子部員が急増

 2005年の創部以来、長らく女子チームとして活動してきた港南台ジュニア。13年には女子チームで同大会を優勝し、全国大会出場の実績がある。また卒部生たちは中学高校などでも全国大会に出場するなど活躍している。

 そんな中で昨年、人気漫画「ハイキュー‼」の影響などもあり、男子部員が急増。現在は部員37人のうち半数近くが男子という。そのため今大会には男女の混合チームで出場。決勝では大谷戸JVCにストレート勝ちし、県大会優勝を果たした。

8年ぶり全国は叶わず

 同大会での優勝により、通常であれば県代表として全国大会に駒を進めることができる。だが、今年はコロナの影響で県大会前に全国大会の中止が決定してしまった。加藤まゆみ監督も「できればこのメンバーで8年ぶりの全国大会に進みたかった」と悔しさを口にする。

 それでも岡村優祐君(下郷小6年)は「全国に進むつもりで県大会に臨んだ。力を出し切ったのが結果につながった」と力強く振り返る。

 また主将を務める矢口栞さん(吉原小6年)は「全国に行けないのは悲しかったけど、今年のチームの目標は『全部勝つ』。だからこれからも勝ち続けたい」と笑顔を見せる。

 加藤監督は「スキルの高いメンバー。やる気もあるのでまだまだ伸びる。今は関東大会目指して励みたい」と語った。
 

港南区・栄区版のトップニュース最新6

戸塚さんがパラ聖火参加

日野中央高等特別支援学校卒業生

戸塚さんがパラ聖火参加 文化

「無事に走れ良かった」

9月23日号

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月23日号

小野塚さんが全国5位

小学生空手選手権

小野塚さんが全国5位 スポーツ

「道場の仲間がいたから」

9月16日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月16日号

路上生活者の映画公開

港南区出身飯田基晴さん

路上生活者の映画公開 社会

ホームレス差別に反論

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook