神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2012年11月23日 エリアトップへ

ヘビメタでまちづくりを フォーラムで可能性探る

公開:2012年11月23日

  • LINE
  • hatena
企画趣旨を説明する3人(左からミュージシャンのANCHANG、石澤区長、企画リーダーの井上秀憲さん)
企画趣旨を説明する3人(左からミュージシャンのANCHANG、石澤区長、企画リーダーの井上秀憲さん)

 音楽のヘビーメタルを活用したまちづくりフォーラムが18日、宮前市民館で開かれた。区役所若手職員の発案による区誕生30周年企画の一環。当日は区民に加え、音楽ファンも参加して「日本初」ともいえるこのユニークなまちづくりの可能性を探った。

 当日はパネラーにヘビメタバンド「SEX MACHINEGUNS」ボーカルのANCHANG(アンチャン)、東京音大教授・難波弘之さん、音楽評論家・平山雄一さん、千葉晋也さん(石塚計画デザイン事務所)、村瀬成人さん(宮前区まちづくり協議会委員)、石澤桂司区長の6人が参加。企画リーダーで映像監督の井上秀憲さんがコーディネーター役となり、活発な意見を交わした。

 アンチャンさんは「最初は絶対無理だと思った。でも、ヘビメタで何ができるのか見てみたいと思った」と話す。石澤区長は「ヘビメタにはマイナスのイメージもあるが、それをプラスに変えるような企画。ぜひ区のイメージアップに役立てたい」と期待を込める。千葉さんは「まちづくりには今回のようにまったく異質な物を注入する手法もあり、新たな発見や展開が生まれることもある」と肯定的に評価。井上さんは「今回のフォーラム自体にも区民のほか区外から音楽ファンが参加してくれて、宮前区のことを知ってもらうきっかけとなったのでは」と手応えを話していた。

 宮前区ではヘビーメタル=重金属として「宮前区重金属発掘計画」と名付けた30周年企画を展開中。その道を極めようとする人やグループを発掘する「宮前鉄男&鉄女」や30周年キャラ「宮前兄妹」とのコラボレーションで節電や脱法ドラッグ撲滅を呼びかけるポスター・CM制作などを行っている。今後、Tシャツデザインコンテストや、区内在住・在勤者によるメタルバンドを募集して来年2月17日にフェスティバルも企画している。
 

宮前区版のトップニュース最新6

「地域力」に重点

宮前区予算案

「地域力」に重点

資源活用、つながり強化

2月23日

被災地で多くの活動担う

市消防航空隊

被災地で多くの活動担う

能登半島地震受け

2月23日

ドイツ語で「第九」披露

作業所合唱団

ドイツ語で「第九」披露

4年ぶりコンサート

2月16日

教育・脱炭素に重点

川崎市予算案

教育・脱炭素に重点

市長「100年、その先予算」

2月16日

市自治功労賞に山田さん

市自治功労賞に山田さん

平日向でリーダーシップ

2月9日

働き方改革で表彰

川崎市

働き方改革で表彰

6社に市長「感謝」

2月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月23日0:00更新

  • 2月16日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    コラム㊹専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『緑内障の気があると言われましたが、どういうことでしょうか?』

    2月23日

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook