宮前区版 掲載号:2013年1月18日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川を考える【8】 若年者の就業支援、拡充を 神奈川県議会議員 土居昌司

 2013年の川崎市の新成人は1万3000人(2012年11月30日現在)。昨年より128人増えました。宮前区は7区の中で一番成人数が多く、昨年より142人多い2191人が新成人になります。

 将来を担う彼らが社会で羽ばたける神奈川県づくり、特に就業支援は大きな課題です。昨年調査した全国の完全失業率は4・2%、若年者の15歳〜24歳では8・0%でした。また24年春の就職内定率は高卒で96・0%、大卒では93・6%とリーマンショック以前には達していない状況にあり、改善が急務です。

 県では若年者の就労支援として、平成16年4月から専門支援センターの設置、合同就職会の開催、未就業者向けの企業実習の場の提供などを展開してきました。結果として24年8月まででおよそ9600人の若者が就業するという一定の成果を挙げています。

 しかし、まだ充分とはいえないでしょう。支援センターや合同就職会、企業実習などはまだまだ利活用者の拡大がのぞめるはずです。特にPRの展開は重要で、財政状況が厳しいことは承知していますが、フェイスブックを始めとするインターネットの活用等、当事者たる若者に届くメディアによるアナウンスを積極的に進めていくべきだと考えます。

 また両輪とも言える受け皿の拡充もカギに。働く場となる企業の支援、そして特区を生かした企業誘致、産業抄出、また都内に比べてメリットが少ないと感じられる若年者の起業のサポートなどで、雇用創出をしていかなければなりません。若者が活き活きと暮らせる神奈川を目指し、今年も力を尽くしていきます。
 

土居昌司県議会議員

川崎市宮前区馬絹1851-1-209

TEL:044-877-8338

http://yourpartkanagawa.blog.fc2.com/

宮前区版の意見広告・議会報告最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク