宮前区版 掲載号:2013年3月15日号
  • googleplus
  • LINE

ヘヴィメタルアーティストで、宮前重金属発掘計画のアドバイザー ANCHANG(アンチャン)さん 都内在住 42歳

ギャップ感に驚いてほしい

 ○…「最初に聞いた時は、ヘヴィメタルでまちづくりなんて無理だろうって思いました。でも、何ができるんだろうっていうワクワク感はありましたね」。宮前区が区誕生30周年で今年度取り組む地域活性化プロジェクト「宮前重金属発掘計画」のアドバイザーを務める。ヘヴィメタルバンド「SEX MACHINEGUNS」のリーダーで、ボーカルとギターを担当。2月20日には、現在活動するバンド「ザ・メンテナンス」のアルバム内でプロジェクトのテーマソング、その名も「宮前兄妹」を発表した。「メロンが採れて、自然がいっぱい。普段の楽曲ではありえない歌詞で、楽しく作れました」と笑う。

 ○…脱法ドラッグ撲滅キャンペーンでは、宮前兄妹とコラボして青少年向けの啓発ポスターや動画CMに協力。「ドラッグは絶対ダメだ」と力強くシャウトする。昨年11月に開かれたフォーラムでは、まちづくりの専門家や石澤区長らとともにパネラーとして参加した。「ヘヴィメタルを知らない人もいるだろうし、良く思わない人もいると思う。どちらかといえば”町壊し”みたいなイメージもあるけれど、逆転の発想というか、ギャップ感に驚いてほしい」と話す。

 ○…愛媛県出身。大学在学中にSEX MACHINEGUNSの母体となる同名バンドを結成。九州を中心に活動を始めたが、就職のため上京。一度は会社員として働くも、すぐに再結成し、98年にメジャーデビュー。独特のステージパフォーマンスと高い演奏力で多くのファンを魅了する。バンドは数回のメンバー交代やソロ活動を経て現在活動休止。「工事中」を意味する「ザ・メンテナンス」として活動する。

 ○…趣味は釣り。休日はもちろん、ツアー先の海や川でも釣り糸を垂らし、アーティストとしての公式ブログのほか「釣りメタル」というブログも更新する。「全国ツアーで宮前兄妹をシャウトしてきますよ」と笑顔で話した。

宮前区版の人物風土記最新6件

島田 裕代さん

4月1日の宮崎台ふる里さくら祭りでアクロバットパフォーマンスを披露する

島田 裕代さん

3月30日号

浪口 修さん

宮崎台のさくら祭りプロレスの仕掛け人でフリーのプロレスラー

浪口 修さん

3月16日号

山田 美和さん

第9回みやまえC級グルメコンテストでグランプリに輝いた

山田 美和さん

3月9日号

徳永 友一さん

1月スタートのTVドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛ける

徳永 友一さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

鈴木 市藏さん

第30回川崎市自治功労賞を受賞した

鈴木 市藏さん

2月16日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク