宮前区版 掲載号:2015年8月21日号 エリアトップへ

市政報告 「平和のための原爆展」に込められた平和への思い 川崎市議会議員 石川けんじ

掲載号:2015年8月21日号

  • LINE
  • hatena

 宮前区役所・市民ギャラリーで7月に行われた「平和のための原爆展」には、原爆被害の写真とともに、小さなお子さんから戦争経験者まで多くの市民の出展作品がありました。その中で、修学旅行の体験からみんなで考えたという市立菅生中学校の「平和宣言」は胸を強く打ちました。「宣言」の抜粋を紹介します。

「戦後70年という節目の時に、私たちは広島を訪れる機会を得ました。70年前の8月6日当時の広島の方々は戦争中、家族とともに精一杯生きていたはずです。それが、たった1発の原子爆弾ですべてが破壊されてしまいました」「ここ広島に来る前に学校で『原爆の絵』を学習してきました。原爆から生き抜いた方々が広島の惨状を描かれるのはとても辛かったに違いありません。そのような一枚一枚の絵から私たちが二度と戦争という愚かな行いをしてはならない、という強いメッセージを受け取ることができました」「日本人の残してきた大切なもの、そして、世界で唯一の被爆国として広島が世界に発信しているものに触れ、この平和がもっともっと続くためには…と考えを深めていこうと思います」

 菅生中学校の皆さんの素直な思いにコメントはいらないと思います。また、会場にはこんな感想文も寄せられていました。

「戦争で実際にどんな恐ろしいことがあったのか知りませんでした。今回被爆した人の写真や絵を見て、本当にこんな怖いことがあったのかと思いました。三輪車に乗ったままやお弁当箱を抱えたまま黒こげになった子どもを観た親はどう思ったのかを考えると戦争は絶対にしてはならないと思いました。中学2年生」

 平和展に展示された原爆の実態やいろいろな人たちの平和のメッセージが若い人たちの心に届いていることを実感しました。「戦争は絶対にダメ」これがみんなの思いです。その思いに応えるためには、「戦争が出来る国」ではなく「戦争をしない国」であり続けるべきと思います。

日本共産党川崎市議会議員(宮前区) 石川けんじ

〒216-0024 川崎市宮前区南平台18-15

TEK:044-978-0456
FAX:044-978-0345

http://www.ishikawa-kenji.jp/

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!川崎市の新型コロナウイルス対策!

新型コロナから集団感染を防ごう!

宮前ガバナンス3月号 連載寄稿

新型コロナから集団感染を防ごう!

〜川崎市の対策は今〜 川崎市議会議員 石田 やすひろ

3月20日号

パートナーシップ宣誓制度検討へ

パートナーシップ宣誓制度検討へ

川崎市議会議員 石川けんじ

3月6日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!令和2年度予算案を読み解く!

宮前区内道路の渋滞対策を求め!

宮前ガバナンス2月号 連載寄稿

宮前区内道路の渋滞対策を求め!

〜児童を守る交差点の改良と共に〜 川崎市議会議員 石田 やすひろ

2月21日号

差別のない安心して暮らせる社会に

意見広告

差別のない安心して暮らせる社会に

神奈川ネット 県議 佐々木ゆみこ・市議 大西いづみ

1月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク