宮前区版 掲載号:2016年12月23日号 エリアトップへ

『せいじのみかた』VOL.‌75 企画・制作/県進会 「やまゆり園」同規模再建ではなく地域移行支援を実現させる施設へ 神奈川県議会議員 飯田満

掲載号:2016年12月23日号

  • LINE
  • hatena

 7月26日未明、相模原市緑区の障害者福祉施設「県立津久井やまゆり園」で発生した刺殺事件からまもなく5カ月が経過します。

 この事件で19人の施設入所者が亡くなり、27人の方々が重軽傷を負いました。障害者に対する差別、偏見から元職員の男によって引き起こされた事件は、広く社会に衝撃と不安を与え、私自身、強い憤りを覚えます。

 県は約80億円を費やし同じ敷地に同規模(160名定員)の障害者施設の再建方針を打ち出しています。

 しかし、本質は、同規模の建替えではなく、規模を縮小すると共に、障害を持つ方が生まれ育った地域の中で安心して共に暮らせる社会を実現する。即ち、地域移行支援を実現させることと私は考えています。

 「ともに生きる社会かながわ憲章」は10月14日に即日発効し、「誰もがその人らしく暮らすことのできる地域社会を実現します」とし、「憲章の実現に向けて、県民総ぐるみで取組みます」としました。

 『ともに生きる』の文字はダウン症の女流書家、金澤翔子さんが揮毫(きごう)してくれたものです。県民の皆さんと共に憲章の実現をめざして行きたいと考えています。

「ともに生きる社会かながわ憲章」。文字はダウン症の女流書家金澤翔子さんによる(写真)
「ともに生きる社会かながわ憲章」。文字はダウン症の女流書家金澤翔子さんによる(写真)

神奈川県議会議員 飯田 満(県進会)

川崎市宮前区菅生1-4-51

TEL:044-978-1128

http://www.iidaman.net

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!請願権は国民の権利!

VOL.57

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!請願権は国民の権利!

川崎市議会議員 浅野文直

5月27日号

知って得する、マイナポータルとは!

宮前ガバナンス5月号  連載寄稿

知って得する、マイナポータルとは!

川崎市議会議員 石田 やすひろ

5月20日号

川崎でエネルギー自給自足は可能か?

市政報告

川崎でエネルギー自給自足は可能か?

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

4月29日号

リモートワークで仕事の効率アップ!

宮前ガバナンス4月号  連載寄稿

リモートワークで仕事の効率アップ!

〜市内宿泊施設テレワーク利用促進事業〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

4月15日号

22年度予算、コロナ対策重視

県政報告

22年度予算、コロナ対策重視

県議会議員(自民党)持田文男

4月1日号

通級指導教室の体制整備が一歩前進

一人によりそう。明日へつなぐ 市政報告

通級指導教室の体制整備が一歩前進

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook