宮前区版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

市政報告Vol.15 「進む市内産農産物の活用」学校給食と都市農業!! 川崎市議会議員 矢沢たかお

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市中学校給食での市内産農産物の使用が順調に進んでいます。今年1月から完全給食を開始した自校方式4校では、給食初日に人参、大根、白菜、小松菜、長ねぎを使用した「かわさきそだちの野菜スープ」を提供。その後も市内産ブロッコリー、ほうれん草、のらぼう菜、キャベツ、きゅうり、じゃがいもが使用されています。加えて、南部学校給食センターが完成し、今年9月から市立中学校22校(約1万3500食分)に対して給食の提供が開始されました。

 市内産農産物の使用状況を月別に見てみると、9月はナス276kg、10月はブロッコリー143kg、11月は人参968kg、大根851kg、キャベツ993kg、12月は人参518kg、大根1142kg、ブロッコリー111kg、キャベツ1384kg、カリフラワー56kgが使用される予定です。今年1年間での使用量は約7597kgで、金額にすると約180万円になる見込みです。

 市内生産者から提供される農産物の集荷作業は、宮前セレサモスで行われます。それぞれの農産物は専用のトレイに詰められ、セレサモスに納品、セレサ職員の皆様が市教育委員会の定めた納品規格、品質基準を確認し、検品、そしてセンターへの出荷作業を実施しています。

 私がこの工程を視察させて頂いた際、生産者の方々から「計画栽培は大変だが、自分が作った野菜が、子ども達の給食に使われるというのは、責任を感じると同時にやりがいになる」といったご意見を頂くことができました。

 今後、南部給食センターに続き、中部、北部のセンターも12月から本格稼働となります。全52校で完全給食が導入され、全校統一献立での市内産農産物の活用が毎月1回程度を目標に進みます。地産地消の推進はもちろん、子どもたちが地元農産物を知り、都市農業を学ぶ食農教育の観点からも、将来的には市内生産者それぞれの農業経営の安定化、生産意欲の向上にも繋がるといった観点からも意義のある取組と考えます。今後も諸課題に向き合いながら、事業が順調に進むよう取組んで参ります。

生産者の森大介さんとセレサモスにて
生産者の森大介さんとセレサモスにて

矢沢たかお

TEL:044-976-2727

http://www.yazawa-t.jp/

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

ちょっと待った!川崎市から見た、ふるさと納税論

宮前ガバナンス6月号 連載寄稿

ちょっと待った!川崎市から見た、ふるさと納税論

〜川崎市は、「看過出来ない」宣言〜 川崎市議会議員 石田やすひろ

6月21日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革‼ヒーローはあなたの隣に!(消防団編)

令和時代を考える

衆議院議員 やまぎわ大志郎・自民党

令和時代を考える

6月9日 ホテルKSPで国政報告会

5月31日号

区内3駅の駐輪場不足対策

宮前ガバナンス5月号 連載寄稿

区内3駅の駐輪場不足対策

川崎市議会議員 石田やすひろ

5月24日号

真の「新時代」到来に向け

県議会議員(自民党)持田文男 改元特別県政報告

真の「新時代」到来に向け

企画/持田文男事務所教育や東京五輪、区内開発など語る

5月1日号

子どもの医療費助成所得制限なし、対象年齢拡大へ

市政報告

子どもの医療費助成所得制限なし、対象年齢拡大へ

川崎市議会議員 石川けんじ

5月1日号

地域の声を議会に届ける!

「生活排水対策」と「特養申込窓口一元化」 市政報告Vol.25

地域の声を議会に届ける!

川崎市議会議員 矢沢たかお

4月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

動脈硬化を学ぼう

動脈硬化を学ぼう

嘱託内科医が講師

7月12日~7月12日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク