宮前区版 掲載号:2018年4月20日号 エリアトップへ

宮前ガバナンス4月号 連載寄稿 東京電力原発事故に伴う賠償請求を追及 〜予算審査特別委員会・論戦より〜川崎市議会議員 石田やすひろ

掲載号:2018年4月20日号

  • LINE
  • hatena

 東日本大震災が発生してから7年が経過しました。何よりも「被災地に対する想い」を絶やしてはいけません。被災された方々への支援は、継続的な取組みが必要です。一方で本市の東京電力への賠償請求は市の責務であり、一定の期限の中で終結させなくてはならない問題です。事故に伴う賠償請求額に対して1割が返金されていない現状があります。議会ではこの問題を質しました。

 ごみの焼却灰の保管や処分費用、市内農産物の検査等に要した費用を、市の税金で立替えていました。当然、東京電力から返還される事を前提に対応してきたのです。要した経費は、協議が整ったものから請求を行い、現時点の返金総額は、約36 億円となっています。

 返金されない残りの4億円余は、空間放射線量検査費用や除染に係る費用、焼却灰等の一時保管場所の貸付料相当額の逸失利益などです。これらの経費は、福島第一原発事故との間に相当因果関係が認められると市は主張していますが、相手の理解が得られない状況です。市は今後、 個別協議が不調に終わった場合、法的な手段を含め検討に入りました。

 市議会での局長答弁では「東京電力が対象外とする理由が明確でない経費など、必要性や有効性等を総合的に勘案の上、原子力損害賠償紛争解決センターへの和解の仲介の申立てを行いたい。市民への説明責任を果たす観点からも、適切に判断する」といいます。

 原子力損害賠償紛争解決センターは「原子力損害の賠償に関する法律」に基づいて、原子力損害の賠償請求について、公正に紛争を解決することを目的とした、公的な紛争解決機関です。

 市は、市民に対する説明責任を果たすため、原子力損害賠償紛争解決センターへ、和解の仲介の申立てをすべきです。市民の税金で立て替えたものについて、全額を賠償請求し返還を目指すのは「当然」であります。市民の理解を得るためにも、適切な対応が求められています。今後の進捗を見守って参ります。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹595-1

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

ちょっと待った!川崎市から見た、ふるさと納税論

宮前ガバナンス6月号 連載寄稿

ちょっと待った!川崎市から見た、ふるさと納税論

〜川崎市は、「看過出来ない」宣言〜 川崎市議会議員 石田やすひろ

6月21日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革‼ヒーローはあなたの隣に!(消防団編)

令和時代を考える

衆議院議員 やまぎわ大志郎・自民党

令和時代を考える

6月9日 ホテルKSPで国政報告会

5月31日号

区内3駅の駐輪場不足対策

宮前ガバナンス5月号 連載寄稿

区内3駅の駐輪場不足対策

川崎市議会議員 石田やすひろ

5月24日号

真の「新時代」到来に向け

県議会議員(自民党)持田文男 改元特別県政報告

真の「新時代」到来に向け

企画/持田文男事務所教育や東京五輪、区内開発など語る

5月1日号

子どもの医療費助成所得制限なし、対象年齢拡大へ

市政報告

子どもの医療費助成所得制限なし、対象年齢拡大へ

川崎市議会議員 石川けんじ

5月1日号

地域の声を議会に届ける!

「生活排水対策」と「特養申込窓口一元化」 市政報告Vol.25

地域の声を議会に届ける!

川崎市議会議員 矢沢たかお

4月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

動脈硬化を学ぼう

動脈硬化を学ぼう

嘱託内科医が講師

7月12日~7月12日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク