宮前区版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

宮前ガバナンス4月号 連載寄稿 経済の再生で税源培養を! 川崎市議会議員 石田やすひろ

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena

 2012年12月に安倍政権が政権を取り戻して以来6年の時が経ちました。この間、国では、経済政策を最優先課題として取組んできました。財政政策や金融政策、成長戦略の3本の矢に加え、新たに「人づくり革命」や「生産性革命」の施策を加え、継続した経済の好循環を目指しています。その結果、国内の経済は10%以上成長し、雇用者数は250万人も増加しました。有効求人倍率は全47都道府県の全てで1倍を上回っています。子供の貧困率も上昇傾向が続いていましたが、初めて減少(13・9%)しました。国と地方の税収は28兆円増加しています。

 経済の回復が、本市財政にも良い影響をもたらしています。本市の平成31年度予算に目を移すと、一般会計、企業会計、特別会計を合わせて1兆4608億円余となっています。特に一般会計は7591億円で、5年連続過去最大の規模を記録しました。市税収入は3637億円で、こちらも、6年連続で過去最大規模を記録。その内、個人市民税は平成30年度当初予算と比べると111億円増加しています。

 県費負担教職員の市費移管に伴う税源移譲分による影響額56億円を除くと、55億円の増加となります。この内訳は、転入など人口の増加に伴う納税者数の増により13億円の増となりました。また、景気回復に起因して、雇用や所得の改善による納税者数の増により25億円の増収となりました。また、1人当たりの所得の増により29億円の増収となりました。つまり、市内経済が良くなった事でもたらされた増収額は、合計54億円に及びます。

 市内経済が良くなれば、自治体財政も潤うことになります。この経済成長の果実を市民に再分配する事で、市民サービスの向上となるのです。次の新しい時代も継続した成長へとつなげていく施策が重要となります。今後も国と連携した本市の経済政策を通じて、経済の好循環を力強く持続的なものにして参ります。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹6-24-26

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

宮前区内道路の渋滞対策を求め!

宮前ガバナンス2月号 連載寄稿

宮前区内道路の渋滞対策を求め!

〜児童を守る交差点の改良と共に〜 川崎市議会議員 石田 やすひろ

2月21日号

差別のない安心して暮らせる社会に

意見広告

差別のない安心して暮らせる社会に

神奈川ネット 県議 佐々木ゆみこ・市議 大西いづみ

1月24日号

東京2020開催迫る!

宮前ガバナンス1月号 連載寄稿

東京2020開催迫る!

〜スポーツのまち・かわさき【2】〜 川崎市スポーツ振興議員連盟会長 石田やすひろ

1月17日号

旧態依然とした行政手続き全市的な見直しに向けて

市政報告Vol.29

旧態依然とした行政手続き全市的な見直しに向けて

川崎市議会議員 矢沢たかお

1月10日号

政調会長代理に聞く2020年の展望

衆議院議員・山際大志郎氏 企画・製作自民党18区事務所

政調会長代理に聞く2020年の展望

1月10日号

「住民への丁寧な説明を」環境審議会会長が提言

鷺沼駅前再開発

「住民への丁寧な説明を」環境審議会会長が提言

川崎市議会議員 石川けんじ

1月1日号

東京2020オリンピック・パラリンピック迫る!

宮前ガバナンス元日特別号 市政報告

東京2020オリンピック・パラリンピック迫る!

〜スポーツのまち・かわさき【1】〜 川崎市スポーツ振興議員連盟会長 石田やすひろ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク