宮前区版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

宮崎台 さくら坂商店街が誕生 20店舗・団体でスタート

社会

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena
奥津会長
奥津会長

 宮崎台駅周辺の10商店と10団体が加盟する「さくら坂商店街」(奥津茂樹会長)が5月12日に誕生した。まちかど交流スペース「さくら坂スタジオ」(宮崎)を拠点に、地域住民とともにまちの魅力を発信していく。

 同商店街の会員は、宮崎台駅周辺の10商店と10団体からなる。昨年の「ふる里さくら祭り」で「1日限りの商店街」を実施した店主たちが、新商店街の設立を目指して準備会を設置。若者のチャレンジを応援する場「さくら坂スタジオ」を拠点に約1年の歳月をかけ、5月12日の設立総会でスタートを切った。

まちづくり恒常的に

 奥津会長は「宮崎台はまちづくりの資源がたくさんはあるので、恒常的にコーディネートする組織がほしかった」と設立のきっかけを話す。

 同商店街では【1】地域の商店と団体が連携すること【2】地域住民とともにまちの魅力を引き出すこと【3】まちの多様性を活かして「美しい」まちづくりを進めること――の3つを目的に掲げる。今後、商業振興とともにサークルのようなまちづくり活動を推進していく。4月に開催したインスタグラムの投稿コンテストの成功を受け、「テイクアウト」や「おうちごはん」をテーマにしたコンテストを企画中だ。

 市経済労働局商業振興課によると、全国的に商店街の数は減少傾向で、新商店街の誕生はめずらしいという。担当者は「近隣にある商店会の活動停滞や解散などの状況を踏まえ、その受け皿になった可能性もある」と指摘する。

若者が活躍できる組織に 

 商店街衰退の理由は、担い手の高齢化や会費や会議などの負担の重さだと言われている。そこで、同商店街は積極的に若い世代の参加を求め、負担を軽くしたライトな運営を目指す。具体的には、年会費は1000円とし、必要に応じて寄付金や補助金で会計を維持。情報発信や意見交換はSNSやネットを活用して会員の負担を軽くするとしている。

 奥津会長は「まちを元気にする、若者が活躍できる商店街にしていきたい」と抱負を語った。

宮前区版のトップニュース最新6

三笘・田中選手に声援 続々

東京五輪サッカー代表

三笘・田中選手に声援 続々 スポーツ

「地域の誇り」出身校あげて

7月23日号

自由研究で「地域学んで」

宮前区

自由研究で「地域学んで」 教育

サイト活用 高学年対象に

7月23日号

B棟をシェアオフィス化

電車とバスの博物館

B棟をシェアオフィス化 社会

8月から個人向けに

7月16日号

先鋒全勝で貢献 全国へ

バドミントン

先鋒全勝で貢献 全国へ スポーツ

宮前平中出身 佐藤さん

7月16日号

7割が着替え男女同室

市立小1、2年生

7割が着替え男女同室 社会

市教委、「現場対応」促進へ

7月9日号

建造物AR化案を披露

インターネット歴史勉強会

建造物AR化案を披露 文化

佐藤さん「夢への一歩」

7月9日号

賃貸オーナー様 大募集!

宮前区で42年の実績・満室の実現・クレーム迅速対応 電通ハウジング

http://den2h.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

平和な未来のために

平和な未来のために

市民館で原爆展 6日から

8月6日~8月11日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter