宮前区版 掲載号:2020年10月30日号 エリアトップへ

県政報告 台風19号教訓に最大限の対策を 県議会議員(自民党)持田文男

掲載号:2020年10月30日号

  • LINE
  • hatena

 東日本を中心に記録的な豪雨をもたらした台風19号の直撃から1年を迎えました。神奈川県内では9名の尊い命が失われるとともに、広範囲にわたる停電や断水、道路や鉄道網の寸断などライフラインや産業基盤に重大な被害が発生しました。

多摩川の治水対策

 国は台風19号で深刻な被害をもたらした多摩川整備に、191億円を投じて緊急治水対策を講じる方針です。台風19号の際、多摩川ではゲートが開いているところは水が逆流して氾濫し、閉まっているところは市街地の雨水が排出されずに内水氾濫が起きました。川崎市は排水樋管ゲートの操作手順の見直しや自動化などを実施しました。

 私たち川崎市内選出の県議会議員は超党派で「多摩川会」を結成しています。治水対策はもちろん、避難所の混雑解消やバリアフリー化、ペット対応などの要望も多く寄せられています。しっかりと今回の課題を検証し、その上で県として国や市と協力しながら、洪水リスクを最小限にする対策を講じていきたいと思います。

県水防災戦略

 近年、毎年のように大規模な水害や土砂災害が発生しています。台風については、規模や進路などをある程度予測できるため、国や自治体による公助、住民による自助と共助の対策がしっかりと講じられれば、被害を軽減することは可能です。県は近年の台風被害の教訓を踏まえ、「神奈川県水防災戦略」を定め、計画的、重点的に対策を進めています。

 対象は台風や豪雨による洪水、土砂崩れ、高潮、暴風などです。住民の適切な避難行動を促進するとともに、水害や土砂災害による被害の最小化を目指し「水害からの逃げ遅れゼロ」「県民のいのちを守り、財産・生活等への被害を軽減」を目標に定めています。

グリーンボンド発行

 県は10月下旬、環境対策事業の資金を民間から調達する債権「グリーンボンド」を初めて発行しました。50億円の発行に対し299億円の注文がありました。調達資金は【1】河川の緊急対応【2】遊水地や流路のボトルネック箇所等の整備【3】海岸保全施設等の整備【4】土砂災害防止施設の整備―などに充当される予定です。

 緊急時には財源確保が不可欠なので、こうした目先を変える取組も有効だと思います。頻発化・激甚化が懸念される大規模な水害などへの備えを加速することは急務であり、引き続き全力で取り組んでいきます。

神奈川県議会議員 持田文男

川崎市宮前区宮前平1-8-2

TEL:044-857-2301

http://f-mochida.com/

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

ちょっと気になる、ふるさと納税!

宮前ガバナンス11月号 連載寄稿

ちょっと気になる、ふるさと納税!

〜全国へ届け、川崎の名産品〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

11月20日号

台風19号教訓に最大限の対策を

県政報告

台風19号教訓に最大限の対策を

県議会議員(自民党)持田文男

10月30日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!決算審査と犯罪被害者等支援条例

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

意見広告

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

 立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月9日号

バス路線 渋滞対策等を質問ペーパーレス化、本格運用へ

市政報告Vol.32

バス路線 渋滞対策等を質問ペーパーレス化、本格運用へ

川崎市議会議員 矢沢たかお

10月2日号

宮前区に2つ目の図書館・市民館を

市政報告

宮前区に2つ目の図書館・市民館を

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

9月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク