神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2021年6月11日 エリアトップへ

(株)ボディスプラウト ママ社員発 産褥(さんじょく)支援 矯正下着を無償提供

社会

公開:2021年6月11日

  • X
  • LINE
  • hatena
商品を手にする中村さん
商品を手にする中村さん

 宮前区内で整体院を経営し、健康商品の開発販売を行う(株)ボディスプラウト(小林篤史代表取締役)=宮前平=が、産褥期の母親に向け矯正下着の無償提供を行っている。同社の「ママ社員」が発案し、区内外にサービスを拡大している。

 同社が開発・販売している、骨盤ケア下着「整体ショーツNEO+」を、希望する産褥期の母親に無償で提供する。

 産婦人科医院で出産後に配布される「退院セット」に、賛同する区内外の11医院で昨年末からチラシを封入。6月からは、新生児のいる家庭を保健師などが訪問する市の事業「こんにちは赤ちゃん訪問」で配布される冊子に広告を掲載。活用を呼び掛けたところ、6月7日時点で150枚の応募があった。今後は関東圏の拡大を目指す。

「ママの笑顔守る」

 発案したのは同社社員で3児を子育て中の、中村悠希さん(36)=土橋在住=。コロナ下に出産した友人に「里帰り出産もできなかった」「親に手伝いに来てもらうこともできない」などの声を聞き、「力になりたい。何かできないか」と小林代表に掛け合った。小林代表も4人の子育て中で、日ごろから「仕事ができるのは家族のおかげ、大事にしよう」と話をしており、同社が5月末に15周年を迎えたこともあり「恩返しを」と中村さんの案を採用した。

 同社社員は約40人中24人が、区内で子育て中の母親で「理解があり、お互い協力している」という。提供する商品は、小林代表が開発したものを「ママ社員」らが着用し改良を重ねたものだ。

 中村さんは「出産の体へのダメージは交通事故にも例えられる。核家族が多く体をゆっくり休めることもできない今、履くだけで少しでもケアしてほしい」と活用を呼び掛けている。
 

使用済み「ろうそく」を回収しています

南部斎苑、北部斎苑に、ろうそく回収ボックスを設置しています

https://www.kawasoukyo.com/

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

夕夜におしゃべり

鷺沼駅前

夕夜におしゃべり

20代企画の酒なし社交場

6月14日

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月14日

食品購入費も対象に

町会応援補助金

食品購入費も対象に

会員の声受け、制度改正

6月7日

運転手不足で144便減

市バス

運転手不足で144便減

鷲ヶ峰営業所管内 10日から

6月7日

市内産梅、出荷始まる

市内産梅、出荷始まる

6月下旬まで

5月31日

川崎版「うんこドリル」誕生

市制100周年コラボ事業

川崎版「うんこドリル」誕生

「子どもの権利」楽しく解説

5月31日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook