神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2021年7月2日 エリアトップへ

タウン探偵団 ファイル22 馬絹古墳公園 園名板の謎

社会

公開:2021年7月2日

  • X
  • LINE
  • hatena
雨に濡れる、いびつな形の園名板
雨に濡れる、いびつな形の園名板

 タイムマシーンがあったら、歴史の真相を確かめてみたい、エージェントTだ。先週号の紙面内『宮前検定』で紹介した馬絹古墳公園。行ったことがある人は気になった人も多いのではないだろうか。あの不思議な形をした、石の園名板を。という事で調査してみた。

 現地に足を運ぶと、写真で内部を紹介したものや公園ガイドなど、数枚の説明板が設置されていた。古墳の特徴や調査の歴史などが書かれているが、園名版には一切触れられていなかったため、市教育委員会文化財課に話を聞いた。

 担当者によると、園名板は1993(平成5)年に公園が整備された際に設置されたものだという。「『横穴式石室』を表したものだろう」との事だった。しかしなぜ、何枚もある説明板に案内もなく変わった形にしたのだろうか?「30年近く昔のものなので、私もわかりかねます。当時の担当がいるので代わりますね」。異動の多い行政機関において、まさか当時の担当者に話を聞けるとは驚きだ。

 「確かに説明板にはないですが、馬絹古墳の大きな特徴である『横穴式石室』を軸から切ったようデフォルメしたものです。石室をイメージし、少しでも遺跡に興味を持ってくれたらと、この形にしました」と振り返った。いびつな園名板の裏には、歴史に思いを馳せ、市民に興味を持ってもらおうという職員らの粋な計らいがあった。
 

使用済み「ろうそく」を回収しています

南部斎苑、北部斎苑に、ろうそく回収ボックスを設置しています

https://www.kawasoukyo.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook