宮前区版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

認知症疾患医療センターに認定されたかわさき記念病院の院長を務める 福井 俊哉さん 潮見台在勤 66歳

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena

優しい医療を地域に

 ○…「認知に関して不安を覚えた人が、遠慮せず気楽に相談できる居場所を作りたい」。2014年に開院した市内初の認知症専門病院で常に先頭を切ってきた。今夏には市内認知症医療の中核を担う「認知症疾患医療センター」に認定。目指すのは地域と共に発展していく病院だ。「認知症に精通した、皆さんの役に立つ優しい病院にしたい」と日頃から大切にしている思いを話す。

 ○…勤務医だった父親の影響で、栃木・横浜・長野など全国各地を転々とした。病院内に住まいがある医師住宅で医療従事者に囲まれて育ち、自然と医師を志した。学生時代にはアメリカ留学を経験。語学や文化を学び、帰国後に東京医科歯科大学を受験。合格し夢を叶えて以来、30年以上患者に接してきた。「宮前区は風通しもよいし、四季も豊か。落ち着いた人が多い」と区の印象を語る。

 ○…休みの日の楽しみは温泉旅行。コロナ以前は妻と伊豆や箱根の温泉地にドライブも兼ねて年数回ほど通った。「魅力は日常から離れ、景色を楽しみながらのんびりできること。これに尽きる」。娘も整形外科医と親子3代で医師の一家。自宅では医療についての会話を交わすことも。「息子は妻に、娘は自分に似て育った家族だね」と笑顔を見せる。

 ○…病院としては「地域の支援体制がまだ不十分なところがある。連携をもっと強化していきたい」と前を向く。患者を重んじる気持ちは「もっと親孝行すればよかった」という後悔から。「両親に出来なかった分は、院内の人たちに還元したい」と考え、今日も一人ひとりと向き合う。「患者さんと気楽にあいさつを交わす、友だちと接するような親しい関係性を作れたら」と優しく微笑んだ。

宮前区版の人物風土記最新6

横山 晃喜さん

雅楽団体の一人として「太鼓ミーティング」のオープニングを飾る

横山 晃喜さん

犬蔵在住 27歳

8月12日号

梶 稔さん

6月28日付で、セレサ川崎農業協同組合の代表理事組合長に就任した

梶 稔さん

麻生区在住 66歳

7月29日号

北野 やす子さん

宮前区赤十字奉仕団委員長を務め、30年の活動を表彰された

北野 やす子さん

宮前平在住 77歳

7月22日号

中島 裕子さん

設立40周年を迎えた宮前区交通安全母の会の会長を務める

中島 裕子さん

神木本町在住 65歳

7月15日号

筒井 昭輔さん

44年前に描いた風景画を鷺沼町会に寄贈した

筒井 昭輔さん

鷺沼在住 91歳

7月8日号

松本 正さん

長崎被爆体験の語り部として活動する

松本 正さん

鷺沼在住 91歳

7月1日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook