町田版 掲載号:2011年10月20日号
  • googleplus
  • LINE

「第1回アレサふれあいまつりinまちだテクノパーク」の実行委員長を務める 佐藤 通さん 小山町在住 47歳

お祭りで愛着湧く町に

 ○…「皆の記憶に残るお祭りをすれば、より地元が好きになる。そうすれば商店や企業も活気付くし、『この町を守りたい』と防犯意識も高まる。子どもたちが安心して暮らせる町になる」。企業や学校など、組織が抱える悩みは様ざまだが、イベントを行なうことで横の繋がりが芽生え、問題が解決するという。「繋がり合う機会が必要。悩みは輪の外に発信して皆で助け合わないと」。”ふれあい”祭りが果たす役割は大きい。

 ○…生まれも育ちも小山町。アレサ商栄会会長として「どうにかして町を進化させたい」と昨年、地域に根付いた様ざまな団体を招き、座談会を提案して開催。住みよい町づくりを目指す中で、お祭りの企画が少しずつ持ち上がった。「相原・小山地区は昔から住む方も新たに移住してきた方もいる場所。でも良い町にしたいと思う気持ちは一緒」。小さな子どもが遊べ、お年寄りが気軽に立ち寄れるイベント作りに励んだ。

 ○…創業80年を越える老舗米店「佐藤商店」の代表。「先代から受け継いでいるから頑張らないと」にっこり。東日本大震災発生後も「町のお米屋が品切れではいけない」と運送ルートを増やして販売を続け、東北にも支援物資としてお米を送った。「仕事はお米作りと一緒、コツコツとね」

 ○…「七夕といったら仙台、B級グルメといったら厚木や富士宮や横手。将来的に町田といえば”アレサ祭り”にしたいね」。土台作りとなった第1回、課題がいくつか見つかった。「グルメでもダンスでもスポーツでも、柱を作っていきたい」。イベントの目玉が明確に分かればより認知度が上がる。出展希望の問合せが多かったので、スケジュール調整の改善も考えなくてはいけない。「雨でも楽しかったと思って貰えるような、様ざまな状況に対応できる企画も増やさないと」。来てもらうお祭りから行きたくなるお祭りへ、伝統行事を目指す『町田のアレサ』はまだ出発したばかりだ。
 

町田版の人物風土記最新6件

湯村 泰子さん

本紙で4コマ漫画「まち子におまかせ!」をスタートする元少女漫画家の

湯村 泰子さん

3月15日号

本田 亮さん

団地を舞台に行うイベントのアートワークを担当するイラストレーターの

本田 亮さん

3月8日号

石川 修司さん

2017年度プロレス大賞の最優秀タッグチーム賞を受賞した

石川 修司さん

3月1日号

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春季囲碁大会

春季囲碁大会

3月25日(日)正午スタート(11時半受付)

3月25日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク