町田版 掲載号:2014年9月11日号 エリアトップへ

地元町田で独立して「農家」として走り始めた 竹村 庄平さん 小山田桜台在住 31歳

掲載号:2014年9月11日号

  • LINE
  • hatena

武器は「繋がり」 農業に挑戦

 ○…農業従事者の高齢化が社会問題となる中、新規就農することを決心し、長野の有機農家で修業した。理論を学び、様々な土地で自分の求める条件に合う農地を探し、行き着いた先が地元町田。育った故郷で「農家」として歩き出した。「たくさんの友だちに応援してもらった。早くみんなに美味しい野菜を届けたい」と話す。朝は5時から遅い日は夜9時まで、畑の整備作業に明け暮れる。

 ○…大学時代の頭の中は農業でなく、「海外」。休みの度にバックパック一つでアジア中を放浪し、刺激を受けるのが好きだった。「アジアの時代が来るって本で読んで。単純だけどなにかデカい事やってやるってね」と笑う。卒業後にフィリピンに自費留学し、シンガポールでエンジニアとして海外勤務に就く。「自分の気持ちに正直に生きる」をモットーに何事にも挑戦してきた。海外生活の夢が叶った後の、新たな夢が『農業』だった。

 ○…知人の紹介で食べた有機野菜の魅力の虜になる。「美味いのに身体にもいいって最高でしょ。みんなにもっと知って欲しい」。胸の中で膨らむ想いを行動に移す転機は25歳。聴覚が急激に低下し、補聴器なしでは日常生活に苦労するようになった。「やっぱり悩みもした。劣等感でね。でもおかげで友だちのありがたみも感じたっていうのも事実」。自分を気遣ってくれた友だちたちに「仕事」で恩返しがしたい。『新鮮でおいしい有機野菜をみんなの食卓に届ける』という新しい目標ができた瞬間だった。

 ○…「アリとキリギリスのアリみたいな生活。大変だけど自分にはぴったりかも」と笑顔を見せ、「始まったばかりでももうプロ。逃げられない」と気を引き締める。「自分を通して有機に関心が高まり、みんなが健康になってくれたらそれが一番」と来年の収穫を目指し、奮闘中。小山田の畑には毎日の様に多くの友人たちが作業の手伝いに訪れている。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

伊藤 秀俊さん

一般社団法人町田青年会議所の第54代理事長に就任した

伊藤 秀俊さん

金森在住 39歳 

1月21日号

西山 由之さん

西山美術館の館長を務める

西山 由之さん

野津田町在住 78歳

1月7日号

内田 真吾さん

鶴川イルミネーション実行委員会で代表を務める

内田 真吾さん

野津田在住 55歳

12月3日号

大月 徹さん

第14回まちカフェ!10daysの実行委員長を務める

大月 徹さん

成瀬が丘在住 32歳

11月26日号

佐藤 亜美(つぐみ)さん

「(財)風に立つライオン基金」のチャンポン大使に任命された

佐藤 亜美(つぐみ)さん

成瀬台在住 27歳 

11月19日号

刈田 享子さん

1831年に初演された難度の高いオペラ「ノルマ」の主役に挑戦する

刈田 享子さん

玉川学園在住 

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク