大和版 掲載号:2011年5月27日号
  • googleplus
  • LINE

節電対策として再び脚光 「緑のカーテン」 西鶴間小などで

教育

苗に水をやる西鶴間小の児童
苗に水をやる西鶴間小の児童

 平成19年から市内の公共施設で実施されている「緑のカーテン」事業が今年も始まった。

 「緑のカーテン」とは、つる性の植物を窓の外に貼った網などに這わせることで日差しを和らげ、室内の温度上昇を抑えるというもの。緑化や温暖化対策を目的に市内の公立学校でも取り組まれている。今年は小学校10校、中学校5校が参加。5月中旬にゴーヤやヘチマ、ヒョウタンなどの苗10株が各校に植えられた。

 植物の育成に力を入れている西鶴間小学校(蔵丸公生校長)では5、6年生の園芸委員が中心となって「緑のカーテン」の世話をしている。昨年初めて参加した際は3階に届くほどの高さにまで成長したが、「今年は屋上に到達するのが目標」だという。「今年は震災で節電への意識も高まっている。この事業を通じて、子どもたちが環境問題を学ぶきっかけになれば」と蔵丸校長は話している。
 

大和版のローカルニュース最新6件

3月16日開業を発表

イオンモール座間

3月16日開業を発表

2月16日号

図書自動返却機の裏側

文化の恒星を行く3

図書自動返却機の裏側

2月16日号

困窮者の暮らし考える

全国から「美」ずらり

本番さながらの緊張感

多数傷病者事故対応訓練

本番さながらの緊張感

2月16日号

認知症でも「活躍できる街」に

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク