大和版 掲載号:2012年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

どんど焼き地域で交流 緑野保育園

文化

手作りのお団子を焼く園児と地域の人たち
手作りのお団子を焼く園児と地域の人たち

 大和市立緑野保育園(叶秀子園長)で13日、園児と地域の「中央林間西寿楽会」の会員9人が、年中行事の「どんど焼き」で交流した。

 この日は園児が作った団子約200個をミツマタの枝に刺し、持ち寄った正月飾りを園庭で燃やし、その火を囲んで団子を焼き、みんなでほお張った。ゆり組の下山貴雅くん(6歳)は「風邪をひきませんようにとお願いしながら焼きました」と笑顔で話していた。

 保育園がある下鶴間地区では、道祖神のある道の辻などで、正月飾りなどを集めて燃やし、その火でミツマタの枝に付けた団子を焼いて食べると1年間健康でいられるといわれている。
 

大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク