大和版 掲載号:2012年3月23日号
  • googleplus
  • LINE

線量測定器の貸出し 大和市 「考えていない」 取り組み背景に安全性を強調

政治

 県内の自治体で取り組みが進む、市民への放射線測定器の貸出しについて、大和市は19日、貸出しを実施する考えがないことを明らかにした。市議会3月定例会の一般質問で、堀口香奈議員(2期)の質問に小林陽彦環境農政部長が答えた。

 堀口議員は「目に見えない放射性物質の不安を解消するためには、放射性物質がどこにどのように存在するのかを明らかにする必要がある」などとし、放射線量が局地的に高い場所を積極的に探したうえでの除染や放射線測定器の貸出しを市に求めた。

 これに小林部長は「放射線量の測定は市が統一的な方法で継続的に実施している。測定開始以降、常に安定した状況にあるため考えていない」と述べた。

 市は昨年7月から市内小中学校や保育所、幼稚園、公園の計65施設で線量の測定を開始。園庭や校庭の中央部や砂場など127カ所の観測結果を週に2回、ホームページで公表するなどしている。

 こうした取り組みを背景に「地域の状況をきめ細かく把握できている」(同部長)としている。

 放射線量測定器の市民への貸出しは、神奈川県内では横浜市、川崎市、相模原市、藤沢市、厚木市、茅ヶ崎市など12市で実施されている。ほかにも海老名市では市民の要望に応じて職員が測定している。

 貸出しする自治体の多くは、市民の安心と、行政だけでは補えない幅広い地点での線量測定と除染に役立つとして実施している。
 

大和版のローカルニュース最新6件

3月16日開業を発表

イオンモール座間

3月16日開業を発表

2月16日号

図書自動返却機の裏側

文化の恒星を行く3

図書自動返却機の裏側

2月16日号

困窮者の暮らし考える

全国から「美」ずらり

本番さながらの緊張感

多数傷病者事故対応訓練

本番さながらの緊張感

2月16日号

認知症でも「活躍できる街」に

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク