大和版 掲載号:2012年7月20日号
  • googleplus
  • LINE

記念パーティーに90人が来場 新曲『お振る舞い』を発表 演歌歌手 中村晴良さん(83歳)

新曲を和服姿で歌い上げる中村さん
新曲を和服姿で歌い上げる中村さん

 大和市下鶴間在住の演歌歌手・中村晴良さん(83歳)が6月20日、(株)インターナショナルミュージックより新曲『お振る舞い』と『酒場人情』の2曲を発表した。発売を記念したパーティーを7月8日、北京飯店(大和市中央)で開催し、約90人がお祝いに駆け付けた。

 中村さんは、「中村はるよし商会」の代表を務める傍ら、50歳で大和市議会議員に当選し、議長も務めた人物。音楽好きが高じて、1995年に『女房よ』で歌手デビュー。力使い歌声にファンがつき、『親父』『闘志』『極真若獅子』など10曲以上をリリースしている。また今年4月には、これまでの音楽活動が認められ、文化的活動(芸術、美術、音楽等)に従事し、その振興に尽くした人を表彰する「東久邇宮(ひがしくにのみや)記念賞」の受賞を受けた。

 今回発表された『お振る舞い』は、わが子の門出を祝う結婚式にもぴったりの歌。作曲は、現役の歌手としても活動する加東竜次氏が担当した。また『酒場人情』は酒場での男の想いを綴った一曲。

 中村さんは「年齢的にも新曲を出すのは諦めていたが、今年の元日に観音様が枕元に立った夢を見て、これは歌うしかないと決意した」という。

 発表パーティーには安藤栄子氏、清水節子氏、田才靖子氏など第一線で活躍する歌手も駆けつけ、歌で会場を盛り上げた。中村さんは、まず『極真若獅子』を白のスーツ姿で歌い上げ、和服姿に着替え再び登場。舞踊家による振り付けで演出した新曲を熱唱した。

 「この歌をより多くの人に届けることを目標に、毎日を生き生きと過ごしていきたい。長い人生を歩んできた私にしか出せない味を歌に込めて、歌っていきたい」と中村さん。

 新曲は全国のCDショップで好評発売中。8月からDAMのカラオケ配信も予定している。
 

好評発売中の「お振る舞い」1,200円
好評発売中の「お振る舞い」1,200円
90人がお祝いに駆け付けた
90人がお祝いに駆け付けた

大和版のローカルニュース最新6件

3月16日開業を発表

イオンモール座間

3月16日開業を発表

2月16日号

図書自動返却機の裏側

文化の恒星を行く3

図書自動返却機の裏側

2月16日号

困窮者の暮らし考える

全国から「美」ずらり

本番さながらの緊張感

多数傷病者事故対応訓練

本番さながらの緊張感

2月16日号

認知症でも「活躍できる街」に

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク