大和版 掲載号:2013年5月3日号
  • googleplus
  • LINE

座間で大凧まつり 4日、5日に相模川沿いで

社会

大凧が揚がる瞬間を見ようと数万人が来場する※写真は昨年
大凧が揚がる瞬間を見ようと数万人が来場する※写真は昨年

 200年の歴史がある「座間市大凧まつり」が5月4日(土)と5日(日)に、座架依(ざかえ)橋上流の相模川グラウンドで開かれる。午前10時から午後4時。荒天中止。

 座間の大凧は1800年代前半に、端午の節句を祝う催しとして始まった。1982年には神奈川のまつり50選に選ばれた。

 大凧の大きさは縦横13m。重さは1トンにもなり、揚げるには100人以上の引手が必要になる。

 凧文字は公募で決められており、今年は「祥風」。座間の清水隆さんが、景気回復などを願い考案した。

 大凧の掲揚は午前10時30分から午後3時30分まで(4日は11時から)。問い合わせは実行委員会【携帯電話】090・3244・3861。
 

大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク