大和版 掲載号:2014年10月24日号 エリアトップへ

大和初の「認知症カフェ」 本人・家族が集う場づくり

掲載号:2014年10月24日号

  • LINE
  • hatena
情報交換で会話が弾んだ(西鶴間)
情報交換で会話が弾んだ(西鶴間)

 認知症の人と家族、地域住民、専門職等の誰もが参加でき集う場が「認知症カフェ」。国が12年9月に発表した「認知症施策推進5カ年計画(オレンジプラン)」のなかで、地域での日常生活・家族支援策としてその普及が位置づけられている。

 県内ではすでに鎌倉市などで同様のカフェが開かれているが、大和市でも9月から西鶴間で市内初となる「オレンジカフェ(認知症カフェ)」の取り組みが始まった。主催するのは「やまと☆オレンジプロジェクト」(石井直樹代表)。市内等で活動する介護福祉分野の専門職の有志などが集まり7月に発足した組織だ。

 オレンジカフェの場所は石井さん(42)が運営する「デイサービスハッピー鶴間」(西鶴間1の11の5)。 10月19日に訪れた。

 時間の経過と共に近所のお年寄りや家族、福祉関係者が集まってくる。お茶を飲みながら健康に関する世間話などが交わされる和やかな室内。

 介護支援専門員で介護福祉士でもある石井さんは「地域で認知症の方への理解を深めていきたい。ご本人や在宅介護で疲れているご家族の方などに参加していただき、交流や情報交換の場にしたい。介護に関する相談も気軽にしてもらえれば」と話す。将来、カフェの場所が福祉施設だけではなく、市内の個人やお店などにも広がっていけば、と夢を膨らませている。

 オレンジカフェの開催は毎月第3日曜日午後1時から4時。参加費無料。※カフェという名前だが飲食店ではない。飲食物の持ち込み自由。問合せは【電話】046・283・3900。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

投開票所などが一部変更

衆院選

投開票所などが一部変更 政治

ワクチン接種などに配慮

10月22日号

1部残留に望み

大和シルフィード

1部残留に望み スポーツ

2部2位と入替戦

10月22日号

5000人来場

中央林間運ちょこ祭り

5000人来場 文化

クラファンで実現

10月15日号

三浦瑞樹(みずき)投手が育成4位

大和中央クラブ出身

三浦瑞樹(みずき)投手が育成4位 スポーツ

プロ野球ドラフト会議

10月15日号

跳躍競技で好成績

Jr陸上CC

跳躍競技で好成績 スポーツ

松岡晶佑君・志村凛子さん

10月8日号

当選者決まる

プレミアム商品券

当選者決まる 経済

販売は10月18日(月)から

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook