大和版 掲載号:2015年9月18日号 エリアトップへ

大和市 災害廃棄物処理で協定 市環境事業協同組合と

社会

掲載号:2015年9月18日号

  • LINE
  • hatena

 大和市は9月11日、大和市環境事業協同組合(小川秀明理事長)と、大規模災害発生時の廃棄物の処理等に関する協定を締結したと発表した。

 先日の鬼怒川流域での洪水や、東日本大震災での津波による被害などのように、地震や風水害などの大規模災害が発生した場合、建物のがれきや使用できなくなった家財道具、生活ごみなどの災害廃棄物が短い期間に大量に発生する。その場合、市の職員や収集車だけでは、ごみへの対応が追いつかなくなることが予想される。

 それらの状況を踏まえ、この協定は、災害により発生した大量の廃棄物が長期間放置されることで発生する、地域の公衆衛生状況の悪化を防止する目的で締結された。

 協定では、大規模災害時には市から協同組合に対して災害廃棄物処理の協力を要請できるとしている。それを受けて協同組合は、保有する人員や車両、資機材などを活用し、可能な限り災害廃棄物の収集や運搬、処分などを行う。

 同協同組合は、市内の廃棄物処理業者4社で構成されている。それぞれの業者は日ごろから、市内のごみの収集や運搬、処分などに携わっている。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

毎朝、登校見守り30年

毎朝、登校見守り30年 社会

薩駿建設工業株式会社 竹下連幸さん(80)

9月17日号

若年性認知症の人が集う

わすれな草の会

若年性認知症の人が集う 社会

9月17日号

一般質問に菅原県議

県議会

一般質問に菅原県議 政治

9月17日号

目指す交通事故死「ゼロ」

9月21日から「秋の全国交通安全運動」

目指す交通事故死「ゼロ」 社会

9月17日号

見かける赤い箱の正体は?

見かける赤い箱の正体は? 社会

市民に必須の防災アイテム

9月17日号

白花曼珠沙華を愛でる

彼岸入りは20日から

白花曼珠沙華を愛でる 文化

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook