大和版 掲載号:2016年10月21日号 エリアトップへ

実際の列車使い、合同訓練 消防、鉄道会社、警察が連携

社会

掲載号:2016年10月21日号

  • LINE
  • hatena
車両の下敷きになった人を救助する訓練にあたる消防隊員たち
車両の下敷きになった人を救助する訓練にあたる消防隊員たち

 踏切での列車事故を想定した異常時総合訓練が10月12日、桜森の相鉄本線相模大塚駅構内の引き込み線敷地で実施された。

 訓練は、大和市消防本部と相模鉄道(株)が結んでいる「鉄道災害における鉄道事業者と消防機関との連携に関する協定」に基づいて、毎年実施されている。

 この日は、市消防本部の職員24人と相模鉄道の職員約200人、大和警察署の署員9人が参加。踏切内に進入したトラックと列車が衝突し、車外に投げ出されたトラック運転手が列車の下敷きになったという想定で訓練が行われた。

 訓練では、マット型エアジャッキを車両の下に置いて車体を持ち上げ、負傷者を救助するなど、実践さながらの活動が行われた。

 消防部隊の指揮を執った砂岡正夫課長は「実車両を使用した貴重な訓練。今後の迅速な活動につなげていきたい」と話した。

大和版のローカルニュース最新6

独立リーグに3人が入団

独立リーグに3人が入団 スポーツ

BBCスカイホークス

1月21日号

ドカベン像も喪に服す

大和スタジアム

ドカベン像も喪に服す スポーツ

1月21日号

市長ら4氏に出席求める

特別委員会

市長ら4氏に出席求める 社会

1月21日号

クリーニングで地域貢献

クリーニングで地域貢献 社会

全国で展開、市内店舗が参加

1月21日号

コンサートで防災講話

コンサートで防災講話 社会

2月13日(日)、シリウス

1月21日号

ゴルフ場で凧揚げ大会

ゴルフ場で凧揚げ大会 教育

松原学園幼稚園

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook