大和版 掲載号:2016年10月28日号 エリアトップへ

大和市産の芋焼酎「和み」 市民らが育て、支える 初のようかん発売も

社会

掲載号:2016年10月28日号

  • LINE
  • hatena
10月25日には深見西の畑で、来年の「和み」の原材料になる紅あずまの収穫が行われた
10月25日には深見西の畑で、来年の「和み」の原材料になる紅あずまの収穫が行われた

 大和市内で収穫されたサツマイモを使って製造されている芋焼酎「和(なご)み」。地元の酒として地域の人に愛飲されているほか、土産品として市外の人に大和を知ってもらうきっかけにもなっている。また、市内の和菓子屋が「和み」を使用したようかんを販売するなど、新たな広がりも見せている。

 芋焼酎「和み」は、市内の休耕畑を活用して市民ボランティアや関係者らが苗植えや草取り、収穫までを担当して育たてサツマイモを原料に、製造されている。

 使用されているのは「紅あずま」という品種で、これは昔から市内の畑で作られているものだという。

 「和み」製造の計画が始まったのは7、8年ほど前。それまで大和で収穫されたブドウの巨峰を使って作られていたワインが製造できなくなり、大和の農作物を使った新たな特産品を作ろうという話が持ち上がった。

 市内農家やさがみ農業協同組合、神奈川県央小売酒販組合大和支部、商工会議所、市、市民農園利用者などが市推奨品栽培プロジェクト会議を結成。市内の畑で市民らがサツマイモを育て、それを原料に芋焼酎を作ることが決まった。商品名も市民への公募で寄せられたアイデアの中から選定。発表の際には住民ら300人ほどが出席し、盛大な披露式も行われた。

酒類以外で初の特産品

 「和み」を使用したようかん「羊羹(ようかん)和み」が、このほど市特産品に初認定された。「市内産原料を使い、市内で製造」という条件を満たし認定されたのは、酒類以外で初めてで、認定期間は今年11月から2年間。

 製造するのは、福田の和菓子屋「みどりや」。酒販組合大和支部の牛山保支部長の提案で商品化した。

 代表の小菅澄子さんがこだわったのは、「和み」の持つ華やかな香りを、ようかんと調和させること。食べると、クセのない味ながらも、鼻からほのかに「和み」の香りが抜ける。

 このようかんには、大和市産ドライいちごも入っており、一口ごとに味わいが変わるのも魅力だという。

市特産品に選ばれた「羊羹(ようかん)和み」
市特産品に選ばれた「羊羹(ようかん)和み」

大和版のトップニュース最新6

県内で唯一入賞

赤羽深鳥(みどり)さん(緑野小2)

県内で唯一入賞 教育

自然科学観察コンクール

1月21日号

卓球の天皇杯に出場

大武篤史君(中学3年)

卓球の天皇杯に出場 スポーツ

1回戦は高校生と対戦

1月14日号

厚木基地に情報提供要望

大木市長

厚木基地に情報提供要望 社会

新型コロナ感染急拡大受け

1月14日号

企業「影響ある」約8割

原油高騰・半導体不足

企業「影響ある」約8割 経済

商議所が会員アンケート

1月7日号

2176人が新成人

1月10日成人式

2176人が新成人 社会

密を避け3部制で祝う

1月7日号

柔軟に対応「大和モデル」

柔軟に対応「大和モデル」 社会

大木哲市長 新春インタビュー

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook