大和版 掲載号:2017年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

伝統のどんど焼き 下鶴間の諏訪神社

文化

祝詞を奉上する宮司
祝詞を奉上する宮司
 下鶴間の諏訪神社で1月14日、伝統の火祭り行事「どんど焼き」が行われた。

 神社の境内などで、正月飾りや書き初めなどを燃やす「どんど焼き」。呼び名は各地でさまざまで、諏訪神社では「左義長祭」として儀式が行われている。「左義長」は、平安時代の1月15日に行われていた宮中行事で、どんど焼きの起源と考えられている。

 午後3時、本殿の蝋燭からとった火を提灯で運び、白装束の役員が点火。宮司は祝詞を読み上げながら火の周りを巡った。正月飾りのほか、焼いた灰が高く上がると書道の腕があがるという言い伝えのある書き初めが燃やされていた。

 近年どんど焼きを行う場所が減少し、諏訪神社には毎年飾りの山ができている。神社役員は「燃えないものやビニール包装のまま納める方が増えてきました。分別へのご理解、ご協力お願いします」と話していた。

大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク