大和版 掲載号:2017年2月17日号 エリアトップへ

新聞の裏側を語る 異業種交流会が記念講演会

経済

掲載号:2017年2月17日号

  • LINE
  • hatena
新聞の裏側を語る熊坂氏
新聞の裏側を語る熊坂氏

 大和商工会議所の異業種交流会、通称「ファイル60(高橋幹雄会長=関連記事に人物風土記=)」が2月9日、創立20周年を記念し、産経新聞社の熊坂隆光社長を招き、記念講演会を行った。

 熊坂氏は新聞業界で生きてきた45年を振り返り、メディアの舞台裏を判り易く話した。「『成り行きが注目される』、『投げかけた波紋は大きな広がりを見せた』などと書くと記事っぽくなるが、新聞が常套句を使うときは、本質をそらしているので要注意」、「自虐的に(日本や政府を)非難するのが良い記事と考えている記者が多い」、「新聞が間違ったことを平気で教えているときもある。それを知っておくべき」など自戒を込めつつもメディアに対する辛らつな言葉が次から次へと発せられた。その歯に衣着せぬ物言いに、会場からは、感嘆の声や笑い声などがあがっていた。

 講演後には会場からの質疑にも応じ、政局やトランプ政権などについて質問が寄せられた。ペーパレス化が進む新聞の将来については「50年、100年後はわからないが、全くなくなることはないのではないか」と持論を話した。

大和版のローカルニュース最新6

児童生徒28人が入賞

南林間

児童生徒28人が入賞 教育

ポスター・標語作品展

12月3日号

ウィーンホールで冬を感じる演奏会

中央林間駅前で春秋恒例の献血

中央林間駅前で春秋恒例の献血 社会

中央シティLC

12月3日号

難しいから面白い

難しいから面白い 社会

太極拳・重谷赳夫さん(95)

12月3日号

大和署前に冬の風物詩

新年も中止相次ぐ

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook