大和版 掲載号:2017年9月8日号 エリアトップへ

思い届け 復興ブローチ 「赤ずきんの会」会津へ義援金

社会

掲載号:2017年9月8日号

  • LINE
  • hatena
4月に会津若松市を訪問し現地の人と意見交換(上)、手づくりのブローチ(下)
4月に会津若松市を訪問し現地の人と意見交換(上)、手づくりのブローチ(下)

 東日本大震災の被災地への義援金集めのためにブローチを手作りしている「赤ずきんの会」が、今年4月に福島県会津若松市を訪問し、55万円を寄付した。

 赤ずきんの会は、東日本大震災をきっかけに、地域で防災・減災を考える取り組みや、復興支援を行うことを目的に、市内で福祉活動に携わる人などで結成。活動当初に防災頭巾を手作りしたことがきっかけで「赤ずきんの会」と名付けられた。その後、東北を元気づけたいとの思いで不要な着物の生地を再利用したブローチの制作を発案。現在は主に6人で活動し、月1回のペースで集まってブローチを作っている。

 ブローチは1つ1つ手づくりで販売も手売りが中心。しかし支援の輪は広がり、2014年に32万円、そして今年は55万円の義援金を届けられるまでになった。複数個買う人や、男性の購入者も多いという。

 ブローチはメンバーから直接買うか、桜ヶ丘の笹倉鉄平版画ミュージアム併設「カフェジャルダン」でも購入できる。営業は(木)〜(日)の午前10時から午後6時。

 購入や生地の寄贈受付に関する問合せはやまとボランティアセンター【電話】046・260・5643へ。
 

大和版のローカルニュース最新6

温かな演奏に耳傾け

大和童謡の会

温かな演奏に耳傾け 文化

8カ月ぶり例会

11月20日号

彩り豊かな「どんぐりアート」

彩り豊かな「どんぐりアート」 文化

引地台小放課後子ども教室 平岩夏美さん

11月20日号

親子で満喫、芸術の秋

親子で満喫、芸術の秋 教育

げんきっこアートフェスタ

11月20日号

運転中、見とれちゃダメ

運転中、見とれちゃダメ 社会

有志集まり、花植え替え

11月20日号

コロナ禍も、寄付継続

コロナ禍も、寄付継続 社会

物流連絡協議会大和地区会

11月20日号

コロナ禍も、寄付継続

コロナ禍も、寄付継続 社会

物流連絡協議会大和地区会

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク