大和版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

新春企画 景気は回復傾向、人手不足が懸念材料 大和商工会議所 宮東悠会頭インタビュー

経済

インタビューに答える宮東会頭
インタビューに答える宮東会頭
 ――あけましておめでとうございます。2017年は大和商工会議所にとってどんな1年でしたか。

 「一番大きなことは、新会館に移ったことです。駐車場を備え、エレベーターもできるなど、使い勝手が良くなったおかげで、会館の利用頻度も高くなりました。会員から大変喜ばれています。しかもリニューアルにかかった費用のほとんどを会員の寄付で賄うことができました(2017年11月末時点で8320万円)。会員の寄付でこれだけの会館を、次の時代に残せたのは大いに自慢できることです」

 ――1年で300万人が来館したシリウスは、市内経済に影響を与えましたか。

 「あっという間に100万人、200万人と達成したので、アンケートやデータ収集などが追い付いておらず、正確な数字は把握していませんが、周辺の商店を始め、来客が増えているのは確かなようで、かなりの経済効果が予想されます」

 ――昨年は、日産自動車や神戸製鋼など、日本を代表する大手企業で不祥事が相次ぎましたが、市内の事業所で影響はありましたか。

 「報道後、影響を懸念し、会議所内に相談所を設けましたが、なかったようです。市内で、影響があっても言わないだけなのかもしれませんが、今のところは悪い話は聞いていません」

 ――市内の景気動向はいかがですか?またどの業種業態でも、人手不足は深刻な問題ですが。

 「人手不足は、どこの企業も等しく苦しんでいます。ただこれは景気が上向いている証拠でもあります。昨年7月に行った景気動向調査では、「普通」または「良い」と回答した企業が全体の8割を占めました。そうなると、どうしても人手不足に陥ってしまいがちです。

 現在、市内で苦しんでいる企業の中には、前回の消費増税(2014年4月)の際に、価格に転嫁しなかった企業は、その面でも苦しんでいます。今後は、宅配便など物流関係の値上げも予想され、19年には消費税がさらに上がります。今のうちに、対応策を講じておく必要があると思います」

 ――2018年はどんな年にしたいとお考えですか。

 「大和商工会議所としては、これからも会員と一緒に、皆が幸せになるために、どうしたらよいかというのを考えていかなければいけないと思います。幸いなことに新会館ができ、機運は高まっていますから、毎日、一歩でも半歩でも良い方向に進んで、皆が希望を持てるような事業をしていかなければいけません。商工会議所がやらなければ、ほかにやる人はいないのですから。2600もの事業所が加盟しており、2600もの経営者が結束すれば、大変な力になるはずです。

 また4月からは『ふくりこ・やまと(大和市勤労者サービスセンター)』の事業が商工会議所に委託されます。人手不足もそうですが、従業員が定着するための対策も必要です。『ふくりこ』は、各種共済事業やイベント、お得なチケットの斡旋などができ、市内の中小企業に勤める人たちが利用できます。これらを利用することで、従業員がやりがいを見出し、少しでも定着してくれるようになればと思います。

 大和市には、やはり企業の誘致をお願いしたい。特に工業系を中心にした企業が増えて頑張ってくれないことには、税収が上がらないですから。昨年11月、太平金属工業株式会社が撤退を発表しましたが、できればマンションではなく、市内の工業者が創業できるような状態になるのが、理想です。

 そのために、様々な情報をいち早くキャッチし、情報を共有し、対策を取ることも商工会議所の目的であり、やらなければいけない事業の一つです」

大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

終末期医療と看取り学ぶ

終末期医療と看取り学ぶ

2月2日つきみ野学習センター

2月2日~2月2日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク