大和版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

認知症でも「活躍できる街」に RUN伴+やまとが説明会

社会

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena
約20人が参加した
約20人が参加した

 認知症になっても安心して暮らせる街づくりを目指す「RUN伴(とも)+プラスやまと」実行委員会(加藤太一実行委員長=関連に人物風土記)が6日、4月開催予定の本番を前に、シリウスで参加者説明会を行った。

 「RUN伴」とは、認知症に対する理解を深めてもらおうと当事者や家族、支援者、一般市民がタスキをつなぐイベント。2011年に始まり、現在は全国をつないでいる。

 大和市では、15年から独自に「RUN伴プラスやまと」として、市内の介護事業所などに呼びかけ、市内5つの地域から1つのゴールを目指してタスキをつなぐイベントを開催。昨年は33事業所と個人を合わせ261人が参加した。ランイベントの他、講演会なども同時開催している。

 今年は4月21日(土)に草柳小学校体育館をゴールに行われる。今年は「認知症者が活躍できるまち」をテーマに、ゴールへ向かう道中でゴミ拾いやRUN伴の広報、商店街での食べ歩きなども予定している。

 説明会は24日(土)にも行われる。事前申込み不要。問合せは実行委員会事務局【電話】046・204・5505(中央林間病院地域医療連携室・溝口さん)。

大和版のローカルニュース最新6

温かな演奏に耳傾け

大和童謡の会

温かな演奏に耳傾け 文化

8カ月ぶり例会

11月20日号

彩り豊かな「どんぐりアート」

彩り豊かな「どんぐりアート」 文化

引地台小放課後子ども教室 平岩夏美さん

11月20日号

親子で満喫、芸術の秋

親子で満喫、芸術の秋 教育

げんきっこアートフェスタ

11月20日号

運転中、見とれちゃダメ

運転中、見とれちゃダメ 社会

有志集まり、花植え替え

11月20日号

コロナ禍も、寄付継続

コロナ禍も、寄付継続 社会

物流連絡協議会大和地区会

11月20日号

コロナ禍も、寄付継続

コロナ禍も、寄付継続 社会

物流連絡協議会大和地区会

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク