大和版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

全国写真展で特別賞 「スタジオ笑顔」前田博見さん

社会

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena
受賞作品を囲む前田さん(左)と高橋さん
受賞作品を囲む前田さん(左)と高橋さん

 シリウス目の前の「家族写真館スタジオ笑顔」を経営する前田博見さん(87)の作品「米寿を記念に」が、第64回全国展フォトコンテストで下岡蓮杖賞に輝いた。モデルを務めた写真館近くのカラオケ茶屋「きよかわ」の店主・三尾陽子さんは、受賞発表直前の3月に急逝。受賞の喜びと撮影の思い出を、前田さんと、三尾さんの娘・高橋理惠子さんに聞いた。

 同コンテストは、(一社)日本写真文化協会が毎年主催しているもので、今年は全国から2908点の応募があった。前田さんは過去入選はあったが、上位5作品に与えられる入賞は初。日本写真の祖、下岡蓮杖にちなんだ特別賞を受賞した。前田さんは「若い人も多い中で評価され光栄。この世界に入り68年だが、今後も勉強し続けたい」とさらなる意欲を見せた。

 作品は、三尾さんの米寿の記念に遺影用として撮影したもの。フランスを拠点にインテリアデザイナーとして活躍する三尾さんの孫娘・MAYAさんが、三尾さんと親交のあった前田さんに依頼。「パリの花屋で売られている白い野ばらのイメージで」と注文したという。

 撮影当日、三尾さんは、70歳から始めた社交ダンスの衣装など一張羅を持ってスタジオへ。しかし、前田さんは来店時の服装が相応しいと判断し、熊のぬいぐるみがついた鞄を身に着けたまま撮影した。「年を重ねた美しさと愛らしさが表れていた。自然な表情を引きだすため、立ち方から気を使った」と前田さんは話す。白いバラを表現するため、光にもこだわった。

報告かなわず

 入賞発表前に行われる入選の報告は三尾さんにしていた。入選すると札幌や博多など全国で展示されるため、三尾さんは「北海道も九州も行ったことがないので、写真だけでも全国を回れるのは嬉しい」と喜んでいたという。突然脳梗塞で倒れ急逝したのは、その数週間後のこと。高橋さんは「母は高齢でもヒールを履きこなす元気な『看板婆さん』。倒れるまで至って元気で、手術後も会話はできたので、よい最期だった」と思い返す。

 葬儀でもこの写真が飾られ、多くの人に写真を褒められたという。「祭壇で自然に笑う母のきれいな写真を見て、写真館で前田先生に撮ってもらいよかったと思った」と高橋さんは感謝を述べた。

記念サービス

 受賞を記念し、60歳以上は7月20日(金)まで平日限定で写真半額。通常1万1千円(税別)の6切写真付撮影料が、半額の5千5百円(税別)。夫婦など2人以上の来店で、さらに1人5百円引き。予約制。水曜定休。【電話】0120・484・037

フォトマエダ スタジオ笑顔

大和版のローカルニュース最新6

市立病院寄付者一覧

7・8月

市立病院寄付者一覧 文化

9月25日号

走った距離を寄付

チャリティ・チャレンジ ダレ!ダレ!コクサイ

走った距離を寄付 文化

在日外国人の介護予防に

9月25日号

未来の先生お迎え

相和私立幼稚園協会

未来の先生お迎え 社会

3カ月遅れで開催

9月25日号

サンホーム鶴間に寄付

大和童謡の会

サンホーム鶴間に寄付 経済

9月25日号

身近なSDGsを体験

身近なSDGsを体験 社会

明日26日、渋谷学習センター集合

9月25日号

思いやり、譲り合いで事故防止

思いやり、譲り合いで事故防止 社会

30日まで秋の全国交通安全運動

9月25日号

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬をご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク