大和版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

Power of Bond in YAMATO夢を引き継ぐ三代目 Vol.3株式会社ソアー 中島賢太さん

経済

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena

 大手や老舗と伍して活躍する企業人にスポットを当てる「Power of Bond」。第3回は市内福田在住で、今年1月、新たに介護福祉事業「さんしゃいんケアサービス」を立ち上げた株式会社ソアー(綾瀬市吉岡)代表の中島賢太さん(40)。

人生を決めた製造業の魅力

 祖父が興し、父が継いだ株式会社中島製作所。3代目を継ぐことは、幼稚園の時には決めていたという。「進学もそのためにどうするか、と考えた。人生の行動の軸は変わっていない」と真剣な眼差しで語る。汗と油にまみれる製造業に、幼少の頃から魅せられたのは祖父・父の後姿と「様々な技術が相まって、設計図に描かれたものから金属の立体物が出来上がる」感動だった。「働く根っこは人を喜ばせる事。笑顔がつながると頑張れる」とはにかんだ。

 介護事業を始めたのは、利用者に合わせてオーダーメイドする福祉用具の世界が、製造業の魅力に重なったから。知識も経験もない畑違いの分野だったが、商品化の要望や有識者からのアドバイスもあり、熟慮に熟慮を重ね、起業。自らヘルパーの資格も取った。

 現在は、介護事業と並行し、幼少の頃からの夢だった中島製作所の3代目となる準備が進む。技術に裏打ちされ、半世紀以上に渡り信頼を勝ち得てきた家業の襷を受け継ぐ。責任の重さは計り知れないが「皆の力を借りないと何もできないから、自分のできることをするだけ」と肩肘を張らない。「親子で働いている社員が3組もいる。変な会社なら息子を入れないよね」そう言って嬉しそうに笑った。

ゴールを決めない立ち止まらない

 アメリカンフットボールに明け暮れた高校時代。靭帯を損傷し、不完全燃焼のまま終えた選手生活に、もう一度火をつけてくれたのは「残りの人生で今日が一番若い」という言葉。ピリオドを勝手に打ち、立ち止まったのは自分自身だと気付かされた。36歳でクラブチームに参加。現在は小学5年の大翔(だいと)君がプレーする相模原ライズでコーチを務めている。

 「サイドが伸びてくると気になる」とシリウス横の理容店「Bond」には月に1度訪れる。店では、がっしりした体躯に短髪でも威圧感がないよう、柔らかく見せる工夫を凝らしてくれる。「邪気が払われるのか、気持ちまで軽くなる」と柔和な笑顔で店を出た。

カットの最中も笑顔が絶えない
カットの最中も笑顔が絶えない
アメフトを親子で楽しむ
アメフトを親子で楽しむ

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

熊さん(林間小)に市長賞

熊さん(林間小)に市長賞 教育

やまと児童絵画コンクール

12月6日号

みなみ風に黒岩知事

みなみ風に黒岩知事 社会

ユニット型ケアを視察

12月6日号

QOL向上の研究続々

QOL向上の研究続々 社会

市高齢協の取り組み発表会

12月6日号

二桜舎 14日で閉廊

二桜舎 14日で閉廊 文化

クリスマス展開催中

12月6日号

節目に新た「やればできる」

節目に新た「やればできる」 経済

倫理法人会が20周年

11月29日号

「大和のドン」が弁当に

「大和のドン」が弁当に 社会

1日限りの駅前販売

11月29日号

火の神奉り 安全祈願

火の神奉り 安全祈願 文化

図南鍛工でふいご祭り

11月29日号

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

二桜舎 14日で閉廊

二桜舎 14日で閉廊

クリスマス展開催中

12月3日~12月14日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク