大和版 掲載号:2018年9月7日号
  • LINE
  • hatena

地域福祉の今【1】 デイ施設と病院がタッグ 今年4月から 利用者の訓練計画を作成

社会

利用者の歩行を確認する「ひまわりの郷」佐藤さん(右)と桜ヶ丘中央病院の小野さん(左)
利用者の歩行を確認する「ひまわりの郷」佐藤さん(右)と桜ヶ丘中央病院の小野さん(左)
 介護が必要な高齢者の自立を支援し重度化を防ぐため、「畑違い」の介護事業者と病院が協力する全国的な取り組みが大和でも始まっている。

 「足をあげることを意識して歩きましょう」「今教えた体操を家でもやってみて」―。市内上和田の社会福祉法人多心会「ひまわりの郷」のデイサービスでは今年4月から、桜ヶ丘中央病院の理学療法士が月に一度訪問し、希望する利用者の運動機能をデイサービス職員と一緒に確認。個別に助言と機能訓練計画の作成を行っている。

 これは、厚労省が今年4月の介護報酬改定で創設した、外部のリハビリ専門職の活用を促す「生活機能向上連携加算」に沿うもの。しかし、介護事業者にとって、保険制度も違い、接点も少ない外部の医療機関との連携は容易ではない。「ひまわりの郷」では、介護職員向けの研修を同じ地域の桜ヶ丘中央病院に依頼した実績があり、今回のタッグが実現した。

 「専門家の提案は具体的で利用者様はよく聞くし、職員も勉強になる。運動機能の向上も実感している」と連携の必要性を語るひまわりの郷の佐藤美香さん。桜ヶ丘中央病院の小野雅之さんは「私達にとっても、病院に来ていない方の経過を追える貴重な機会」と話した。

利用者が不在の場合は動画で確認
利用者が不在の場合は動画で確認

2/24家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

大和版のローカルニュース最新6件

岸氏、黒岩氏が出馬表明

県知事選

岸氏、黒岩氏が出馬表明

2月15日号

大和の魅力が満載

心がけ、目から耳から普段から

大和から7人が受賞

県優良産業人表彰

大和から7人が受賞

2月15日号

陳さんがグランプリ

新年の決意初釜で誓う

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月1日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク