大和版 掲載号:2019年8月30日号 エリアトップへ

合同訓練で、全国3位 市少年消防団が初入賞

文化

掲載号:2019年8月30日号

  • LINE
  • hatena
大和消防団の(前列左から)横山君、湯川君、佐潟君、藤井君、松永さん
大和消防団の(前列左から)横山君、湯川君、佐潟君、藤井君、松永さん

 大和市少年消防団の中学生団員5人が、徳島県徳島市で行われた「全国少年消防クラブ交流大会」の「合同訓練の部」で総合3位に入賞した。同大会で同団の入賞は初めて。8月17日には消防本部で大木哲市長や同団員らに入賞を報告した。

 大会は2012年から毎年開催されており、今回は22都道府県から53クラブ364人が出場。同団からは、横山大地君(大和中3)の他、湯川稔己君(鶴間中3)、松永祐里杏(ゆりあ)さん(南林間中2)、佐潟暖仁(だんじ)君(大和中2)、藤井千裕君(鶴間中2)が出場。5人はクラブ対抗のリレーと障害物競走の結果で争う「合同訓練の部」に出場。リレーで2位、障害物競争で6位となり、総合3位となった。

 報告会で5人には、同団運営委員会の山崎潤一会長から表彰状が贈られた。また報告を受けた大木市長は、大会会場の徳島市・遠藤彰良市長との電話で、同団の活躍について称賛の言葉があったことを紹介。同団の健闘を称えた。

 大会でリーダーを務めた横山君は、初の入賞にも「嬉しい気持ちと悔しい気持ちが半々」と複雑な表情。湯川君は「1カ月前から練習してきて、本番ではピッタリ息が合い、3位になれ嬉しかった」と笑顔を浮かべた。指揮者を務めた松永さんは、「練習はきつかったけれど、耐えて続けてきたことが、結果につながった」と安堵の笑みを浮かべた。藤井君は「慣れていくうちに速いタイムが出るようになり、自分自身チームに貢献できた」と胸を張った。佐潟君は「本番前も良く寝られ、本番も大きな声を出すことで緊張を吹っ飛ばせた」と振り返った。

大和版のローカルニュース最新6

渋小5年的比較文化論

【Web限定記事】

渋小5年的比較文化論 教育

イコーザで1年間の成果を披露

2月26日号

現役医師が語るコロナ最前線

【Web限定記事】

現役医師が語るコロナ最前線 社会

3月18日、無料オンラインセミナー

2月26日号

綺麗な制服で卒業式

綺麗な制服で卒業式 経済

おしゃれ倶楽部が無料クリーニング

2月26日号

集団接種をシミュレーション

コロナワクチン

集団接種をシミュレーション 社会

密避ける流れ確認

2月26日号

自治会館から講座配信

自治会館から講座配信 社会

チャット機能で質問も

2月26日号

成人式をプレゼント

成人式をプレゼント 社会

美容組合大和支部

2月26日号

お葬式から樹木葬まで

地域で30年以上。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク