大和版 掲載号:2020年7月3日号 エリアトップへ

「いざ」の時の人材を育成 2003年・大和市少年消防団が発足

社会

掲載号:2020年7月3日号

  • LINE
  • hatena
初年度の結団式の様子
初年度の結団式の様子

 コロナ禍での災害や防災対策は、確かな情報や技術を習得していることで、冷静な行動ができるはず。大和市少年消防団は、そんな近い将来必ず発生するといわれる大地震などの災害時に活躍できる人材を少年期から育てようと1993(平成5)年7月11日に結成された。

 県内初となる少年消防団は、当時の小学4〜6年生の男女43人で結団。団員たちは、揃いの制服に身を包み、防火・防災に関する基本的な知識・技術の習得を目指し、年間25回程度の活動を行った。2017(平成29)年度からは、中学3年生まで対象を拡大。防火・防災思想の普及に寄与したことが評価され、「特に優良な少年消防クラブ」に送られる総務大臣表彰を2度(11年度・18年度)受賞している。これまでに延べ1800人が卒団、同団出身の市消防職員も誕生している。

 今年は新型コロナウイルスの影響で、残念ながら前年度の卒団式から、今年度の入団式、大和市民まつりでのパレード参加など、年度当初予定していた活動はすべて中止に。新たに小学生37人、中学生4人の新入団員を加えた181人は、ウイルスを加えた「複合災害」に備える必要性を感じつつ、訓練ができない日々が続いている。なお来年度の団員募集は8月3日から始まる。

大和版のローカルニュース最新6

川澄選手、またお預け

2年連続直前で中止

川澄選手、またお預け スポーツ

なでしこサッカーフェス

1月14日号

防災ボラの日に活動紹介

防災ボラの日に活動紹介 社会

イオンモール大和

1月14日号

古民家で防火訓練

1月26日は文化財防火デー

古民家で防火訓練 文化

1月21日郷土民家園、見学可

1月14日号

ワクチンの御礼にマスク

台湾・国際ロータリー

ワクチンの御礼にマスク 社会

大和RCが代理で寄贈

1月14日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月14日号

千羽鶴寄贈も17回目

千羽鶴寄贈も17回目 社会

交通安全母の会

1月14日号

積水ハウスの上質な建物を実感!

施主様のこだわりなど生の声も聴くことができる特別な見学会

https://www.sekisuihouse.co.jp/liaison/14/3110020010/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook