大和版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

熱中症 「水分補給・冷房活用を」 中央林間病院・山本医師に聞く

経済

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena
「ご高齢の方は喉の渇きを感じにくいので特に注意を」
「ご高齢の方は喉の渇きを感じにくいので特に注意を」

 関東地方が梅雨明けした7月16日の前後から、最高気温が30度を超える猛暑日が増えてきた。コロナ禍で迎える2度目の夏。気をつけたいのが熱中症。そこで救急患者を受け入れる二次救急医療機関の中央林間病院・山本晃平内科医に熱中症の対策法について話を聞いた。

 山本医師は「毎年、梅雨明け以降に増える傾向がある」と話す。

 熱中症の症状は発熱や倦怠感、めまい、動悸、ふらつきなど。普段と同じ生活をしていても、猛暑の影響で外出先で座り込んでしまったり、室内で冷房をつけずに「蒸し風呂状態」で倒れてしまうなど、突然発症する可能性がある。また若者でもマラソンなどのスポーツ中に発症してしまう恐れがあるという。

 対策としては「意識的な水分補給が大切」とし、「散歩する際にはペットボトル1本を持ち歩き、その間に飲み切るぐらいでも問題ない」という。目安としては「30分に1回は紙コップ1杯分の水を飲む意識でいると良い」と促す。

 また「高齢になると特に体温調整の機能がにぶくなり、暑さを感じにくくなる」といい、室内にいる場合は必ず冷房を利用するよう呼びかける。「お子さんが同居している場合は、冷房を入れてあげるなど、家族がサポートするようにしてください」。

搬送者数前年より増加傾向

 大和市消防本部によると、今年の熱中症搬送件数は、5月が3件、6月が6件。前年の同時期までと比較して5件だったのに比べ、増加傾向にある。また、9人のうち65歳以上の高齢者が5人で半数以上を占めている。
 

大和版のトップニュース最新6

「遺贈寄付」の意思を後押し

大和市

「遺贈寄付」の意思を後押し 社会

県司法書士会と協定締結

8月12日号

下鶴間に大規模工場

成城石井

下鶴間に大規模工場 経済

300人雇用 地元還元企画も

8月12日号

6年ぶり県制し、関東へ

つきみ野中女子ソフト

6年ぶり県制し、関東へ スポーツ

全国めざし8日に初戦

8月5日号

お笑いで防犯啓発

大和警察署

お笑いで防犯啓発 社会

芸人が被害者ゼロへ一役

8月5日号

骨粗しょう症検診を開始

大和市

骨粗しょう症検診を開始 社会

女性1万830人が対象

7月29日号

明日3年ぶり本大会

神奈川大和阿波おどり

明日3年ぶり本大会 文化

市内・徳島などから13連

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook