大和版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

熱中症 「水分補給・冷房活用を」 中央林間病院・山本医師に聞く

経済

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena
「ご高齢の方は喉の渇きを感じにくいので特に注意を」
「ご高齢の方は喉の渇きを感じにくいので特に注意を」

 関東地方が梅雨明けした7月16日の前後から、最高気温が30度を超える猛暑日が増えてきた。コロナ禍で迎える2度目の夏。気をつけたいのが熱中症。そこで救急患者を受け入れる二次救急医療機関の中央林間病院・山本晃平内科医に熱中症の対策法について話を聞いた。

 山本医師は「毎年、梅雨明け以降に増える傾向がある」と話す。

 熱中症の症状は発熱や倦怠感、めまい、動悸、ふらつきなど。普段と同じ生活をしていても、猛暑の影響で外出先で座り込んでしまったり、室内で冷房をつけずに「蒸し風呂状態」で倒れてしまうなど、突然発症する可能性がある。また若者でもマラソンなどのスポーツ中に発症してしまう恐れがあるという。

 対策としては「意識的な水分補給が大切」とし、「散歩する際にはペットボトル1本を持ち歩き、その間に飲み切るぐらいでも問題ない」という。目安としては「30分に1回は紙コップ1杯分の水を飲む意識でいると良い」と促す。

 また「高齢になると特に体温調整の機能がにぶくなり、暑さを感じにくくなる」といい、室内にいる場合は必ず冷房を利用するよう呼びかける。「お子さんが同居している場合は、冷房を入れてあげるなど、家族がサポートするようにしてください」。

搬送者数前年より増加傾向

 大和市消防本部によると、今年の熱中症搬送件数は、5月が3件、6月が6件。前年の同時期までと比較して5件だったのに比べ、増加傾向にある。また、9人のうち65歳以上の高齢者が5人で半数以上を占めている。
 

大和版のトップニュース最新6

政府対策に「迅速対応」

大和市

政府対策に「迅速対応」 経済

年内給付「想定して準備」

11月26日号

打ち上げ花火に初挑戦

緑野小PTA

打ち上げ花火に初挑戦 教育

児童に笑顔と思い出を

11月26日号

動画で「つながり」再確認

RUN伴+やまと

動画で「つながり」再確認 社会

「介護の日」から配信スタート

11月19日号

渋谷西ブロック始動

地域安全活動重点地区

渋谷西ブロック始動 社会

防犯・防火意識を地域で徹底

11月19日号

山崎さんに藍綬褒章

山崎さんに藍綬褒章 社会

県銭湯組合長として尽力

11月12日号

東口改札使用開始へ

小田急中央林間駅

東口改札使用開始へ 社会

11月27日午前10時から

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook