大和版 掲載号:2021年12月17日号 エリアトップへ

小林農園 ぶどうジュースを初出荷 旧知の居酒屋も周知を協力

社会

掲載号:2021年12月17日号

  • LINE
  • hatena
品種は藤稔を使用している
品種は藤稔を使用している

 大和駅にほど近い小林農園(深見台)で今秋、初めて地元産100%のぶどうジュース「大和の藤稔(ふじみのり)」が作られた。

 この夏はお盆前後に長雨が降り、多くのぶどうが収穫前に実に裂果という皮が割れてしまう現象がおきた。同園4代目の小林武宏さんは「無駄にしたくない」と裂果した藤稔の実100kgを埼玉県にある加工工場に持ち込み、瓶100本分のジュースができた。「濃縮なので味がとても濃い。炭酸などで割って飲んで欲しい」と話す。

 農園そばの直売所で販売をしてきたが、なかなか周知されない悩みに旧知の地元居酒屋の店主、黒木正幸さんが手を差し伸べ12月20日(月)から販売窓口として協力する。「店でも積極的にメニューに取り入れます。新たな大和名物として応援したい」。

 値段は1本1600円、店での取り置きも可能。詳細・問合せは炭火串焼物語 SAKE【電話】046・262・9490。

小林さん(右)と黒木さん
小林さん(右)と黒木さん

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

議長に中村一夫氏

議長に中村一夫氏 政治

大和市議会

5月20日号

園児が感謝の親子交流

園児が感謝の親子交流 教育

松原学園幼稚園

5月20日号

ソプラノソロコンサート

ソプラノソロコンサート 文化

大和ウィーンホール

5月20日号

大和釣友会が70年越える

沖釣りサークルの老舗

大和釣友会が70年越える

5月20日号

プロの技を無料で伝授

プロの技を無料で伝授 文化

美と健康のワークショップ

5月20日号

商議所女性会がコンポスト寄贈

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook