神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2023年10月20日 エリアトップへ

徒然想 連載307 花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

公開:2023年10月20日

  • X
  • LINE
  • hatena

 今月は、善者に親附(しんぷ)するは、霧露(むろ)の中を行くがごとく、衣(え)を湿(しめら)さずと雖(いえど)も、時時(じじ)に潤(うるおい)有りです。

 出典は中国、唐代、い山霊祐(いざんれいゆう)著、『い山警策(いざんきょうさく)』。

 意は、道を学ぼうという人が、善き友人や優れた指導者に親しく教えを受け、高誼(こうぎ)深くしていけば、だんだんと学ぶべきものが身についてくる。例えて言うならば、人間が霧や露の中を歩いているうちに、自然と衣服が湿ってくるようなものです。

 この文言は、師が修行者の心構えを教えた中に現れるものです。人間は誰でも怠け心をもっている。何かを成しとげようと思えば、強い意志を必要とする。それを一人でも貫ける人もあれば、一人ではすぐに断念してしまう人もいるのです。

 そんな意志の弱い修行者に、師は優しく、親切に諭している。優れた指導者に学びなさい。よい友人をもって共に努力しなさい。一人でできないことが、真の友人の励ましによって、あるいは友人の手本に見習って、段々と自分にも、やればできるという自信がでてきすまよ。そうやっていく中で、なぜもっと早くやらなかったのかと思うほど、興味が湧き、自らやろうと思い立つようになると、師は教えています。

桃蹊庵主 合掌

大和版のコラム最新6

徒然想  連載316

徒然想 連載316

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

7月5日

徒然想  連載315

徒然想 連載315

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

6月7日

徒然想  連載314

徒然想 連載314

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

5月3日

徒然想  連載313

徒然想 連載313

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月5日

徒然想  連載312

徒然想 連載312

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

3月1日

徒然想  連載311

徒然想 連載311

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

2月16日

大和市で葬儀なら、地元「ふじみ式典」

地域顧客満足度NO.1店を目指す創業35年以上の葬儀社です。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰現地販売会開催

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202311/58966.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook