厚木版 掲載号:2011年9月16日号
  • googleplus
  • LINE

9月18日(日)に創立10周年の祭典を開催する厚木市歌謡演歌協会の代表 横尾 英雄さん 緑ヶ丘在住 80歳

歌は”元気の源”

 ○…今年創立10周年を迎えた厚木市歌謡演歌協会の代表を設立時から務める。9月18日(日)には、市文化会館大ホールを会場に総勢150人が出演する「歌謡演歌の祭典」を開催する。「当日は観客席の方も参加して、東日本大震災の被災地に歌で元気を届ける合唱もあるので、ぜひ会場に足を運んでほしい。協会の雰囲気を肌で感じて頂ければ」と、ハキハキした口調で話し始めた。

 ○…昭和6年、山形県米沢市生まれ。小学校入学と同時に福島県の飯坂温泉へ。歌との出会いはこのとき。身近な存在だった芸者が奏でる三味線で飯坂小唄などを歌った。14歳で福島市内の小さなマンドリンクラブから声をかけられステージに。そこで同郷出身の作曲家、古関裕而氏の目に留まり、譜面の読み方など音楽の基本を学んだ。祖父の反対でプロの道は諦めたが、「大きな夢だった。良い思い出ですよ」と語る。

 ○…平成元年に脳梗塞で倒れるまでは、福島で建築会社の代表をしていた。一時は意識不明になり、一命はとりとめたものの左半身は麻痺、話もできないほどに。しかしそこから「病気に負けてたまるか。もう一度歌を歌いたい」と、強い意志を持ち主治医が驚くほどに回復。「療養するには暖かいところが良い」と、長女が住む厚木に移り住んだ。そこで緑ヶ丘公民館を拠点にカラオケ愛好会を設立。その後、歌謡演歌協会を立ち上げ、現在は19歳から98歳まで580人が登録する大所帯。老人ホーム慰問や公民館での歌の集いなど活動する。「これまで10年間人のため、自分のためにやってきた。これも理解があるかあちゃんのおかげ」と、東北訛りの言葉で話す。

 ○…趣味は、団地内では有名という家庭菜園。朝3時から畑を耕す。祭典当日は音大に通う自慢の孫の伴奏で、恩師の古関氏作曲の『長崎の鐘』を歌う。「歌を通して仲間ができて、この絆を一生大事にしていきたい」と目を細めた。
 

厚木版の人物風土記最新6件

長谷川 美雪(みゆき)さん

50周年を迎えた俳句会「はまなす」の主宰をつとめる

長谷川 美雪(みゆき)さん

3月16日号

サハ・ビペルカンテさん

インターナショナルティーサロンの代表を務める

サハ・ビペルカンテさん

3月9日号

森島 誠さん

あつぎ観光ボランティアガイド協会の会長を務める

森島 誠さん

3月2日号

真田 幸太さん

湘南ベルマーレユース出身のゴールキーパーで今シーズンからトップチームに昇格した

真田 幸太さん

2月23日号

亀山 珠樹さん

さつき病児保育室の実施法人(株)LIFE DOORの代表取締役を務める

亀山 珠樹さん

2月16日号

臼井 スミ子さん

公民館や夢未市などでみそ作りの講師を務める

臼井 スミ子さん

2月9日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

24日に開通式

24日に開通式

赤坂竹ノ内線360m結ぶ

3月24日~3月24日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク