厚木版 掲載号:2011年9月23日号
  • googleplus
  • LINE

厚木警察署第91代署長に9月8日付で就任した 鈴木美仁(よしひと)さん 厚木市内在住 57歳

超がつくほど神奈川が好き

 ○…厚木警察署の管轄エリアは広大だ。国道246など動きが活発な場所もあれば、その一方で風光明媚でゆっくりとした場所もある。地域によって格差があり、地域によって対応法も異なる難しい地域。祭りやイベントでは、市内外から訪れる来場者の警備・誘導にも奮闘する。着任時の挨拶では「一人はみなのために、みなは一人のために(=ラグビーの精神)」と話し、個の力が発揮でき、組織の連携もスムーズにいく組織編成を繰り返し伝えた。

 ○…警察官としての30年は失敗の連続だったという。「良かれと思ってやったことで、やぶへびになったりね」と苦笑い。教訓は、人間の頑張りには限界があるということ。「一週間寝ずっこで仕事をすれば倒れるし、判断ミスも出る。その前にストップをかけろ」。そう今は部下に伝える。万人が聞けば万人、それは異常だよと思う仕事ぶりも、当時の警察官にとっては当たり前の光景だった様だ。

 ○…名古屋市出身。スポーツ少年。小学生の時には砲丸投げで市の大会で優勝した経験もある。地元の小・中・高を卒業し、横浜国大に入学。大学では安全工学について学び、修士課程まで進んだ。「別に横浜に憧れていたわけじゃないよ。名古屋のほうが都会だったしね」と笑いつつも、大学・大学院のわずか6年で、超がつくほど神奈川が好きになった。開放感、穏やかさ、何でも受け入れる土壌。それらに魅かれた。

 ○…家族は奥さんと二人の娘さん。今は、自宅のある横須賀を離れ、市内官舎で一人暮らし。健康のために軽くジョギングをする。ポリシーは”警察官は住民の生活を守る最後の砦であれ”ということ。絶対に譲れないポイントのひとつだ。社会の安心・安全が守られてこそ、仕事・商売そのもに傾注することができるはず。「3月11日に発生した大震災では、警察官の果たす役割と重要性が再認識されたはずだ」と落ち着いた口調で粛々と話した。
 

厚木版の人物風土記最新6件

長谷川 美雪(みゆき)さん

50周年を迎えた俳句会「はまなす」の主宰をつとめる

長谷川 美雪(みゆき)さん

3月16日号

サハ・ビペルカンテさん

インターナショナルティーサロンの代表を務める

サハ・ビペルカンテさん

3月9日号

森島 誠さん

あつぎ観光ボランティアガイド協会の会長を務める

森島 誠さん

3月2日号

真田 幸太さん

湘南ベルマーレユース出身のゴールキーパーで今シーズンからトップチームに昇格した

真田 幸太さん

2月23日号

亀山 珠樹さん

さつき病児保育室の実施法人(株)LIFE DOORの代表取締役を務める

亀山 珠樹さん

2月16日号

臼井 スミ子さん

公民館や夢未市などでみそ作りの講師を務める

臼井 スミ子さん

2月9日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

24日に開通式

24日に開通式

赤坂竹ノ内線360m結ぶ

3月24日~3月24日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク