厚木版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

13日までアミューあつぎで開催中のポスター展を主催する 遊佐 省三さん NPO法人昭和歴史館の館長 75歳

古美術品で歴史を伝える

 ○…「戦争の悲惨さを多くの人に知ってもらいたい。史料を展示することで歴史を伝えていきたい」と戦時中に使用された軍服、生活用品、家族への手紙や硬貨などさまざまな史料を収集。約15年前にNPO法人を立ち上げ、市内上荻野で営む古美術品店「相州美術」の売り場だった一部を改装。「昭和歴史館」を常設した。自ら買い集めるだけでなく、同館の存在を知った知人らの寄贈品も増え、現在2千点以上の戦争遺品などを所蔵している。

 ○…現在開催中の「昔懐かしの映画ポスター展」では、コレクションとして3千枚以上所蔵するポスターの中から自ら厳選した約300枚を展示している。美空ひばりや渥美清、石原裕次郎など昭和を彩るスターが出演した映画に、「懐かしんでくれる人も多いのでは」と期待を寄せる。昨年清川村で初開催、厚木では今回が初めての開催に「まだまだ展示したいポスターがあるけれど、見せられるのはごく一部」と茶目っ気たっぷりに笑う。

 ○…1941年、樺太に生まれ幼少期を北海道で過ごした。その頃から硬貨や切手集めが好きだった。18歳で上京。東京オリンピックが開幕した1964年にタクシードライバーに。道路整備が進む都内を駆け巡った。その後、大和市でリサイクルショップを経営。各所で開催する骨董市へ通ううちに、古美術商の仲間が増えた。「先輩たちが可愛がってくれて、市場をやろうと盛り立ててくれた」。仲間の協力もあり、市内中依知で相州美術を始めたのが約30年前。その後、現在の上荻野に移った。今も遠方から買い付けに来る客が後を絶たないという。

 ○…「時代や、生活環境が変わるにつれて、使われない品物も増えた。そういう変化を感じると寂しい。それでも良い物に出会えた時の喜びは代えがたい」と目を細める。娘は結婚し、現在は妻と息子の3人、看板犬2匹と暮らしている。中依知在住。

厚木版の人物風土記最新6件

森 義信さん

救急車の適正利用や民間救急サービスの普及に尽力している

森 義信さん

1月19日号

田中 俊太さん

プロ野球・読売ジャイアンツに入団した

田中 俊太さん

1月12日号

向島 史朗さん

1月1日付で公益社団法人厚木青年会議所の第50代理事長に就任した

向島 史朗さん

1月5日号

赤瀬 陽久(はるひさ)さん

四肢まひの障がいを持ちながら創作活動を行う

赤瀬 陽久(はるひさ)さん

12月15日号

相原 千恵子さん

2017年度神奈川県保育賞を受賞した

相原 千恵子さん

12月8日号

和田 烈(いさお)さん

名誉唎酒(ききざけ)師として日本酒の魅力や食文化を伝える

和田 烈(いさお)さん

12月1日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク