厚木版 掲載号:2018年3月30日号
  • LINE
  • hatena

神村学園高等部 厚木音楽校の校長を務める 尾崎 元気さん 旭町在住 27歳

若者と奏でる情熱

 ○…音楽に打ち込みながら高校卒業資格を得られる厚木音楽校。いきものがかりやシャムシェイドなど有名バンドのメンバーをメジャーに押し上げた音楽講師陣のもと、週4日は教室であるライブハウス『サンダースネイク』で、週1日は都内の神村学園で学ぶ。初心者からプロ志望まで、音楽を学びたい若者を幅広く受け入れる。昨年10月から準備をし、いよいよ4月から授業がスタートする。

 ○…3人兄弟の末っ子。兄にもらったギターに触れたのは中学の時。高校で軽音楽部に入り、サンダースネイクに通うように。以来音楽漬けで、「このままではヤバい」と大学を1年休学し、自分を見つめなおそうと世界を旅した。それでも帰国してから自然とライブハウスに足が向く自分に「やはりここが居場所なんだ」と再確認。今も校長と兼任でサンダースネイクのスタッフとして、バンドのプロモーションやサポートにも熱を入れている。

 ○…「厚木にないなら、自分でやろう」と20歳以下限定バトルライブイベント『アンダージェネレーションヒーロー』を始めたのは2012年。学園祭に足を運び声掛けし、ライブ当日は司会から飲食販売まで1人でやりきった。「感情があらわで、情熱に溢れている」と、若いビートに魅了された。今ではそこに関わっていた若者が自主的にスタッフとなり、卒業ライブも企画するようになった。決勝大会のチケットは完売、300人を動員するほどに。その実績がきっかけで校長職を任された。

 ○…校長といえど、行事の段取りや学校運営の事務から営業まで仕事は多岐にわたるが、1日1回は生徒と触れ合う時間をとることをめざす。音楽や勉強だけでなく「人格形成される高校で、人間力を身に付けてほしい」。俗に言う校長からすれば若いが「自分だからこそ高校生を理解し、できることがあるはず」と熱く話す顔は、自信と希望に満ち溢れている。

厚木版の人物風土記最新6件

伊藤 浩章さん

SCRUM厚木を立ち上げ、100人カイギ開催に向け活動を続ける

伊藤 浩章さん

3月8日号

望月 玉三朗さん

厚木市消防団の消防団長を務める

望月 玉三朗さん

3月1日号

有賀 慶介さん

全日本年金者組合厚木支部の支部長を務める

有賀 慶介さん

2月22日号

須田 哲史さん

厚木市地域包括ケア(研修・啓発・広報)連絡会のリーダーを務める

須田 哲史さん

2月15日号

品川 未知子さん

日本刺繍アーチストとして、2月18日から初の個展を開催する

品川 未知子さん

2月8日号

大野 一郎さん

1月に開館したあつぎ郷土博物館の館長を務める

大野 一郎さん

2月1日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月8日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク