厚木版 掲載号:2018年7月6日号
  • LINE
  • hatena

4月から厚木市大規模災害サポート隊の隊長を務める 森屋 昭一さん 下荻野在住 67歳

消防団経験を「地域に恩返し」

 ○…震度5強以上の地震の際に出動し、消防隊や消防団の後方支援を行う厚木市大規模災害サポート隊。2011年11月に厚木市消防団のOBで結成され、人手が必要な現場での活躍が期待されている。「地域の安心、安全のために力を尽くしていきたい。消防団のOBとして地域に恩返しができれば」と、隊長としての想いを話す。

 ○…東日本大震災で、人命救助に人手が足りない様子をニュースで見て、消防団OBの14人で隊を発足した。主な使命は人命救助。「応急処置やAEDなど、消防団で身につけた知識や経験を生かしたい」。年に数回、心肺蘇生の訓練を行うなど、いざという時に備える。隊の発足から6年半が経つが、「市民に、隊の存在が認識されていない。地区の防災訓練などに顔を出してアピールしていきたい。市民に頼りにしてもらえたら」と精力的だ。

 ○…生まれも育ちも厚木。荻野小、睦合中と地元の学校に通った。現在も下荻野で自動車整備工場を営む。「厚木は山も川もあるし、良いところだよ」と地元にぞっこん。「厚木で商売をしているし、地元のためになるなら」と知人に誘われ、入団した消防団。退団まで32年所属し、うち2期4年、団長として使命を全うした。「たくさんの知り合いができたのが財産」とにっこり笑う。

 ○…サポート隊は結成以来、少しずつ隊員を増やしていき、現在は70人になった。「大勢の人に経験してもらいたい。関わる人が増えることで地域が良くなっていく」と考える。「災害はないことが望ましい」と話すが、願いとは裏腹に、大規模地震は30年以内に発生するとも言われている。「人命を第一に活動できれば。そして、サポート隊の存在が、地域の皆さんの安心に繋がるような活動をしたいね」

厚木版の人物風土記最新6件

須田 哲史さん

厚木市地域包括ケア(研修・啓発・広報)連絡会のリーダーを務める

須田 哲史さん

2月15日号

品川 未知子さん

日本刺繍アーチストとして、2月18日から初の個展を開催する

品川 未知子さん

2月8日号

大野 一郎さん

1月に開館したあつぎ郷土博物館の館長を務める

大野 一郎さん

2月1日号

山本 智明さん

厚木市立小中学校PTA連絡協議会の創立50周年記念祝賀会の実行委員長を務める

山本 智明さん

1月25日号

萩原 トミエさん

厚木市内11カ所で絵手紙教室の講師を務め、現在年賀状展を開催中の

萩原 トミエさん

1月18日号

森屋 知之さん

厚木市古式消防保存会の会長を務め、伝統を受け継ぐ

森屋 知之さん

1月11日号

あつぎ新時代!!

元号と共に 厚木が変わる いしい正英の三大ゼロ政策

https://www.ishiimasahide.com/

みんなで築く 「元気なあつぎ」

厚木市長・小林つねよし 政治信念は「市民協働」「現地対話主義」

http://tsuneyoshi.net/

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月18日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク