厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年9月21日号 エリアトップへ

動物愛護啓発活動などを行う「清川しっぽ村」代表を務める 吉島 崇憲(たかのり)さん 39歳

掲載号:2018年9月21日号

  • LINE
  • hatena

おなじ命 慈しむ心を

 ○…厚木や海老名など市内外で動物愛護の啓発活動に尽力する。犬猫を保護し、新しい飼い主を探す活動をしている「清川しっぽ村」の代表。現在村には犬10匹、猫80匹ほどが生活している。被災地で保護してきた、村の前に捨てられていた、平塚の県動物保護センターから引き取ってきた犬猫など―。この夏には行政から連絡があり、多頭飼育崩壊現場から30匹超の猫を受け入れるなど信頼は厚い。虐待や飼育放棄、殺処分と問題は山積。「おなじ命。慈しむ気持ちを持ってほしい」と話す口調は穏やかだ。

 ○…横浜生まれ。小学校の時に犬を飼っていたが、10年経たずに短い生涯を閉じた。「徐々に冷たく固まっていく姿に死を感じた」。美容関係の仕事で多忙な日々を送っていた時、東日本大震災が起きた。ニュースなどを見聞きし、いてもたってもいられずボランティアとして被災地へ。犬猫の現状を目にし、現役員らと2012年にしっぽ村を立ち上げた。今も被災地で給餌活動を続けながら、村では犬猫の世話や見学案内、資金工面など多忙な毎日。「気軽に村の見学に来てほしい。関心を持ってもらいたい」

 ○…今や「命のバトン」を繋ぐサポーターは増え、徐々に軌道に乗り始めている。「スタッフや協力者、地域の理解があってここまで来られた」。しっぽ村には辛い過去を持つ犬猫の悲壮感はなく、笑顔が溢れる。スタッフらは村を「関わった犬猫人が幸せになる場所」「楽しくて来ている」と話す。「新しい飼い主さんから現状を聞けるとうれしい」とまた笑顔が咲く。「次の世代へ繋がなくては」と、小学校で命の授業の講師も行う。目指すのは「人も犬猫も希望を持ち、心豊かに生きる社会」。動物愛護週間の今、考えたい。川崎市在住。家族は妻と7歳と11カ月の子。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

松浦 広明さん

世界観光倫理委員会の委員に就任した

松浦 広明さん

松蔭大学副学長 40歳

10月11日号

頼住 道夫さん

スポーツを通した子どもたちの教育に尽力する

頼住 道夫さん

厚木市飯山在住 67歳

10月4日号

河辺 裕司さん

厚木警察署の署長に9月5日付で就任した

河辺 裕司さん

第96代署長 57歳

9月27日号

森 貞夫さん

厚木税務署長に就任した

森 貞夫さん

55歳

9月20日号

馬場 徹さん

9月16日に開催される昭和大衆演芸バラエティーショーをプロデュースした

馬場 徹さん

厚木市吾妻町在住 73歳

9月13日号

石川 弘子さん

日本経済新聞出版社から『モンスター部下』を上梓した

石川 弘子さん

厚木市厚木町在住 46歳

9月6日号

寺岡 まゆみさん

第58代厚木市議会議長に就任した

寺岡 まゆみさん

厚木市戸室在住 61歳

8月30日号

海老名市今里で宅地18区画販売

海老名の不動産なら株式会社エイト

http://www.8eight.jp/

小児科内科落合院

病児のお預かりもしています。保育・医療事務担当職員募集中

https://www.ochiai-iin.com/

ニチイの医療事務講座

9月1日~10月31日まで受講料が30%OFFに。無料体験説明会も実施

https://www.e-nichii.net/campaign/iryo_reiwastart2019/

「自分でできた!」に導く公文式

いつでも教室減額ができます。お近くの教室は「くもん教室」で検索

https://www.kumon.ne.jp/

屋根修理は妻田南のアイネックス

「雨が漏った」「屋根材が剥がれた」など、屋根や壁の困りごとがあったら連絡を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

400年前の郷土の歴史を探る

400年前の郷土の歴史を探る

10月27日(日) 荻野運動公園

10月27日~10月27日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク