厚木版 掲載号:2018年9月21日号
  • LINE
  • hatena

動物愛護啓発活動などを行う「清川しっぽ村」代表を務める 吉島 崇憲(たかのり)さん 39歳

おなじ命 慈しむ心を

 ○…厚木や海老名など市内外で動物愛護の啓発活動に尽力する。犬猫を保護し、新しい飼い主を探す活動をしている「清川しっぽ村」の代表。現在村には犬10匹、猫80匹ほどが生活している。被災地で保護してきた、村の前に捨てられていた、平塚の県動物保護センターから引き取ってきた犬猫など―。この夏には行政から連絡があり、多頭飼育崩壊現場から30匹超の猫を受け入れるなど信頼は厚い。虐待や飼育放棄、殺処分と問題は山積。「おなじ命。慈しむ気持ちを持ってほしい」と話す口調は穏やかだ。

 ○…横浜生まれ。小学校の時に犬を飼っていたが、10年経たずに短い生涯を閉じた。「徐々に冷たく固まっていく姿に死を感じた」。美容関係の仕事で多忙な日々を送っていた時、東日本大震災が起きた。ニュースなどを見聞きし、いてもたってもいられずボランティアとして被災地へ。犬猫の現状を目にし、現役員らと2012年にしっぽ村を立ち上げた。今も被災地で給餌活動を続けながら、村では犬猫の世話や見学案内、資金工面など多忙な毎日。「気軽に村の見学に来てほしい。関心を持ってもらいたい」

 ○…今や「命のバトン」を繋ぐサポーターは増え、徐々に軌道に乗り始めている。「スタッフや協力者、地域の理解があってここまで来られた」。しっぽ村には辛い過去を持つ犬猫の悲壮感はなく、笑顔が溢れる。スタッフらは村を「関わった犬猫人が幸せになる場所」「楽しくて来ている」と話す。「新しい飼い主さんから現状を聞けるとうれしい」とまた笑顔が咲く。「次の世代へ繋がなくては」と、小学校で命の授業の講師も行う。目指すのは「人も犬猫も希望を持ち、心豊かに生きる社会」。動物愛護週間の今、考えたい。川崎市在住。家族は妻と7歳と11カ月の子。

学校法人白山学園 小鮎幼稚園

創立44年。徳育・体育・知恵をはぐくみます。小鮎小となり

http://www.hakusangakuen.jp

<PR>

厚木版の人物風土記最新6件

前川 喜平さん

自主夜間中学「あつぎえんぴつの会」でボランティアスタッフとして学びを支える

前川 喜平さん

4月26日号

高田 義介さん

4月1日付で厚木商工会議所青年部の第18代会長に就任した

高田 義介さん

4月19日号

伊福部(いふくべ) 玲(れい)さん

縄文土器創作講座の主宰を務める

伊福部(いふくべ) 玲(れい)さん

4月12日号

干場 芳子さん

「厚展」の4代目代表に就任した

干場 芳子さん

4月5日号

井上 純さん

本厚木駅南口再開発地区の仮囲いにアートウォールを手がけた

井上 純さん

3月29日号

金澤 文彦さん

荻野運動公園の副所長で、定期的に開催している健康教室の講師を務める

金澤 文彦さん

3月15日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ママの心の貧困も救う

ままカフェあつぎ子ども食堂

ママの心の貧困も救う

4月26日 アミューあつぎ

4月26日~4月26日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月26日号

お問い合わせ

外部リンク