厚木版 掲載号:2018年12月14日号
  • LINE
  • hatena

市内女性初となるスポーツ推進委員功労者表彰を受けた 齋藤 峯代さん 飯山在住 71歳

運動の楽しさ伝えたい

 ○…スポーツの魅力を伝える厚木市のスポーツ推進委員を、1994年から務めている。誰もがスポーツを楽しめるよう、あつぎウォークや市民体育祭、スポーツなじみデイなど体育事業の運営を市と協働で行い、地域住民に実技指導も行う。市スポーツ推進委員連絡協議会の副会長を担い、地区の体育振興委員会委員も務めるなどの功績が評価され、全国スポーツ推進委員連合から、市内女性初の表彰を受けた。「こんな賞をいただいていいのかしら。けど、活動は楽しいから、長くやっている感じがしないの」と爽やかな笑顔を見せた。

 ○…宮城県登米(とめ)市出身。3人姉弟の長女で、幼いころは「男の子と喧嘩してタンコブをつくる、おてんばじゃきかない子だったみたい」といたずらっぽく笑う。中学を卒後、厚木へ。仕事をしながら、湘北短期大学の前身・ソニー厚木学園高校を卒業した。22歳で結婚、出産を機に子育てと主婦業に専念。かたわら、30歳からママさんソフトボールチーム・小鮎レッドソックスで、スポーツに打ち込んだ。ピッチャー以外は全てこなすマルチプレイヤー。市民体育祭での優勝経験もある。

 ○…そんな中、ソフトボールの先輩に誘われて委員に。「運営側にも興味はあったの。家族が健康でいてくれるから、家のことも任せられるしね」と感謝の気持ちも忘れない。現在は95歳の「達者な」母と夫の3人で暮らす。今や運営準備も慣れたもの。ニュースポーツの普及にも力を入れている。「参加者からの『楽しかったからまた来るね』の言葉がうれしくて」とにっこり。「運動って、汗をかいて気持ちいいじゃないですか。やればできなかった事ができるようになる」と熱弁。「役員が終わったら、今度は参加者として盛り上げていくのもいいかもね」。

厚木版の人物風土記最新6件

須田 哲史さん

厚木市地域包括ケア(研修・啓発・広報)連絡会のリーダーを務める

須田 哲史さん

2月15日号

品川 未知子さん

日本刺繍アーチストとして、2月18日から初の個展を開催する

品川 未知子さん

2月8日号

大野 一郎さん

1月に開館したあつぎ郷土博物館の館長を務める

大野 一郎さん

2月1日号

山本 智明さん

厚木市立小中学校PTA連絡協議会の創立50周年記念祝賀会の実行委員長を務める

山本 智明さん

1月25日号

萩原 トミエさん

厚木市内11カ所で絵手紙教室の講師を務め、現在年賀状展を開催中の

萩原 トミエさん

1月18日号

森屋 知之さん

厚木市古式消防保存会の会長を務め、伝統を受け継ぐ

森屋 知之さん

1月11日号

あつぎ新時代!!

元号と共に 厚木が変わる いしい正英の三大ゼロ政策

https://www.ishiimasahide.com/

みんなで築く 「元気なあつぎ」

厚木市長・小林つねよし 政治信念は「市民協働」「現地対話主義」

http://tsuneyoshi.net/

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月18日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク