厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

市内女性初となるスポーツ推進委員功労者表彰を受けた 齋藤 峯代さん 飯山在住 71歳

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena

運動の楽しさ伝えたい

 ○…スポーツの魅力を伝える厚木市のスポーツ推進委員を、1994年から務めている。誰もがスポーツを楽しめるよう、あつぎウォークや市民体育祭、スポーツなじみデイなど体育事業の運営を市と協働で行い、地域住民に実技指導も行う。市スポーツ推進委員連絡協議会の副会長を担い、地区の体育振興委員会委員も務めるなどの功績が評価され、全国スポーツ推進委員連合から、市内女性初の表彰を受けた。「こんな賞をいただいていいのかしら。けど、活動は楽しいから、長くやっている感じがしないの」と爽やかな笑顔を見せた。

 ○…宮城県登米(とめ)市出身。3人姉弟の長女で、幼いころは「男の子と喧嘩してタンコブをつくる、おてんばじゃきかない子だったみたい」といたずらっぽく笑う。中学を卒後、厚木へ。仕事をしながら、湘北短期大学の前身・ソニー厚木学園高校を卒業した。22歳で結婚、出産を機に子育てと主婦業に専念。かたわら、30歳からママさんソフトボールチーム・小鮎レッドソックスで、スポーツに打ち込んだ。ピッチャー以外は全てこなすマルチプレイヤー。市民体育祭での優勝経験もある。

 ○…そんな中、ソフトボールの先輩に誘われて委員に。「運営側にも興味はあったの。家族が健康でいてくれるから、家のことも任せられるしね」と感謝の気持ちも忘れない。現在は95歳の「達者な」母と夫の3人で暮らす。今や運営準備も慣れたもの。ニュースポーツの普及にも力を入れている。「参加者からの『楽しかったからまた来るね』の言葉がうれしくて」とにっこり。「運動って、汗をかいて気持ちいいじゃないですか。やればできなかった事ができるようになる」と熱弁。「役員が終わったら、今度は参加者として盛り上げていくのもいいかもね」。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

日野 公三さん

不登校や発達に特性のある子どもたちのための通信制学校を全国展開する

日野 公三さん

明蓬館高等学校校長 60歳

5月24日号

高野瀬 一晃(かずあき)さん

この4月に、学校法人ソニー学園湘北短期大学の第9代学長に就任した

高野瀬 一晃(かずあき)さん

65歳

5月17日号

前川 喜平さん

自主夜間中学「あつぎえんぴつの会」でボランティアスタッフとして学びを支える

前川 喜平さん

現代教育行政研究会代表 64歳

4月26日号

高田 義介さん

4月1日付で厚木商工会議所青年部の第18代会長に就任した

高田 義介さん

水引在住 42歳

4月19日号

伊福部(いふくべ) 玲(れい)さん

縄文土器創作講座の主宰を務める

伊福部(いふくべ) 玲(れい)さん

七沢在住 74歳

4月12日号

干場 芳子さん

「厚展」の4代目代表に就任した

干場 芳子さん

南町在住 73歳

4月5日号

井上 純さん

本厚木駅南口再開発地区の仮囲いにアートウォールを手がけた

井上 純さん

上荻野在住 37歳

3月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク