厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年3月8日号 エリアトップへ

SCRUM厚木を立ち上げ、100人カイギ開催に向け活動を続ける 伊藤 浩章さん 旭町在住 58歳

掲載号:2019年3月8日号

  • LINE
  • hatena

働き方 生き方を応援

 ○…その街で面白い活動をする100人の話を聞くことで、人と人とを繋ぎ、街の在り方や価値の再発見を目的とするコミュニティ『100人カイギ』。2016年に始まり、近隣では平塚や相模原でも開催され、全国的に広がりを見せる。「人が集まって会話をする。要は、井戸端会議です」。厚木でのカイギ開催めざし、人が繋がるプラットホームとして『SCRUM厚木』を立ち上げ活動する。

 ○…横浜市西区出身。大学で経営学を学び、ソフトウェア関連の仕事に打ち込んだが、40代で会社を飛び出しIT企業を立ち上げた。2年ほど前、これまでの経験を買われ、懇意にする企業から人材育成講師の依頼を受けた。現在はキャリア形成や生活上のさまざまな悩み相談まで、カウンセリングやコーチングなどをする『メンター』としても活躍している。

 ○…カイギはSNSで見つけ、実際に参加して「これだ」と感銘を受けた。100人が一堂に会するのでなく、5人のゲストスピーカーの話を聞く事を続け、100人に達したら解散する。中には、「バンド演奏をしただけ、なんて人もいた」という自由っぷり。「コミュニケーションネットワーキングの場を提供し、働き方改革や奉仕活動を通して、地域を良くしていきたい」。カイギのめざすものが自身の理想と合致した。「どうせ住んでいるんだ。楽しい方が良いじゃん」

 ○…仕事後は本厚木駅周辺でグラスを傾けるのが日課。不思議と意気投合するのは企業役員などが多いとか。そこからも輪は広がり、さまざまな団体や企業とのコラボレーションも動き出している。「5月頃には、カイギを開きたい。厚木を『働き方改革なら、任せろ』っていうリーダーにしていきたい」。めざすのは「楽しく働けて、笑顔の絶えない街、厚木」だ。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

馬場 徹さん

9月16日に開催される昭和大衆演芸バラエティーショーをプロデュースした

馬場 徹さん

厚木市吾妻町在住 73歳

9月13日号

石川 弘子さん

日本経済新聞出版社から『モンスター部下』を上梓した

石川 弘子さん

厚木市厚木町在住 46歳

9月6日号

寺岡 まゆみさん

第58代厚木市議会議長に就任した

寺岡 まゆみさん

厚木市戸室在住 61歳

8月30日号

打矢 純子(うちやすみこ)さん

神奈川県歯科衛生士会の会長を務める

打矢 純子(うちやすみこ)さん

厚木市鳶尾在住 64歳

8月16日号

幸田(こうだ) 裕介さん

若年性認知症の啓発と支援活動に奔走する

幸田(こうだ) 裕介さん

厚木市南町在住 44歳

8月2日号

難波 勝文さん

(一社)厚木歯科医師会の会長を務める

難波 勝文さん

妻田ナンバ歯科医院 院長 59歳

7月26日号

鈴木 歩さん

日本全国を地球2周分踏破。今も歩き続ける

鈴木 歩さん

厚木市鳶尾在住 73歳

7月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク