厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年7月31日号 エリアトップへ

厚木市文化芸術振興委員会委員長を務める 飯塚 正道さん 厚木市三田南在住 70歳

掲載号:2020年7月31日号

  • LINE
  • hatena

「文化芸術はエネルギーの源」

 ○…厚木市の特性をいかした文化芸術活動を推進するために、市の基本計画や文化芸術振興条例の点検等を行う市文化芸術振興委員会。「各分野のプロらと共に、厚木の豊かな文化芸術がさらに市民の中に溶け込んでいくような活動をしていきたい」という。コロナ禍での新たな活動が求められていくが、「文化芸術は、生きがいやエネルギーの源。しっかり対策を講じながら、今できる活動から取り組んでいきたい」と熱く語る。

 ○…厚木市音楽協会会長や厚木合唱連盟理事長など合唱団体の役職をいくつも務める。もちろん自身も現役だ。高校時代運動が苦手で、先輩から勧められ部に入ったのが合唱との出会い。大学に進学し初めて混声でのモーツァルトのレクイエムに取り組み、素晴らしさに感動。合唱の虜になった。「最初バラバラだったものが練習を経てまとまっていき、最後にステージ上で拍手喝采を浴びる喜びはたまらない」と目を輝かせる。

 ○…大学卒業後教員の道へ。現在は厚木西高で非常勤講師として英語を教えて21年目になる。もちろん合唱部に関わり、顧問として部を立ち上げ、今はサポーターとして時々指導も。「生徒は予測できない成長をする。その力に感動しこちらがエネルギーもらう」と嬉しそう。

 ○…長野市出身。現在は長男が独立し、音楽好きな夫人の両親と合唱団で知り合った夫人、大学でアカペラをやっている次男と5人で暮らす。「音楽家を多く輩出している信州生まれなので、自然に音楽に囲まれてきたのかな」と笑う。委員長の任期は来年6月まで。「取り組むものは膨大だが、それぞれを次の時代につなげていければ。各文化芸術が3世代で楽しめるよう繋がっていってもらえたら」

お家のリフォーム相談ください

「我が家もリフォーム?」とお考えの方へ。見積り・相談無料!

https://sakurakentiku.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

石原 生美夫さん

厚木市に事務局を置く『グループ完』の代表を務める

石原 生美夫さん

藤沢市在住 67歳

10月16日号

小山 泰弘さん

一人親家庭の子育てを応援する

小山 泰弘さん

美容室ラピス店長 42歳

10月9日号

松村 光雄さん

ロードギャラリーで初の個展となる『富士山写真展』を開催している

松村 光雄さん

厚木市岡田在住 71歳

10月2日号

永里 優季さん

はやぶさイレブンで男子サッカーに挑戦する元なでしこジャパンの

永里 優季さん

厚木市鳶尾出身 33歳

9月25日号

松尾 好高さん

Tobioギャラリーで水墨画展を開催中の

松尾 好高さん

厚木市鳶尾在住 84歳

9月18日号

沼田 力さん

8月1日付で愛川町副町長に就任した

沼田 力さん

愛川町角田在住 63歳

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク