逗子・葉山版 掲載号:2018年5月11日号 エリアトップへ

第62代逗子市議会議長に就任した 高野 毅さん 久木在住 45歳

掲載号:2018年5月11日号

  • LINE
  • hatena

風通しの良い議会目指す

 ○…当選5回で、これまで総務常任委員会委員長や副議長などを歴任してきた。今回が初めての議長就任となる。財政難や総合病院誘致など、逗子市の将来に大きくかかわる課題が噴出するなかで市議会のかじ取り役を担う。「議員の皆さんがそれぞれの意見を活発に交わすことができるように、下支えするのが一番の仕事。風通しの良い議会を目指したい」と意気込みを語る。

 ○…東京都出身。大学時代にウィンドサーフィンの楽しさに目覚め、逗子市内で下宿しながら海が中心の生活を送り、大学3・4年時には全国学生選手権で優勝。2年連続で五輪艇種の世界選手権日本代表メンバーに選出されるなど、トップクラスの実力者として活躍した。その後、セガ・エンタープライズに入社。6年間、サラリーマン生活を送った。

 ○…政治の世界を意識し始めたのは27歳の頃。「会社勤めで地域と接点が少なく、街を良くするアイデアがあっても、それをどこに言えばいいのかわからなかった」と当時を振り返る。思いを伝えた家族や同僚、学生時代の友人からは心配されたが信念は変わらず、29歳の時に逗子市議会議員選挙に出馬し初当選。以来、「市民の思いをカタチにするプロであれ」をモットーに活動している。特に印象に残っているものとして、議員提案で2006年に施行された「深夜花火規制条例」や、自身の経験をもとに提案し実現した「特定不妊治療費助成事業」を挙げる。

 ○…関東の議長が集まる会合に出席するなど、忙しい日々を送る。来月には市議会第2回定例会が開かれる予定だ。「生活と密接した課題を解決するのが我々の仕事。逗子をより良い街にできるよう、ひとつひとつの課題に全力で取り組んでいきたい」と前を見つめた。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

豊岡 美枝さん

ウインドサーフィンの世界選手権で準優勝した

豊岡 美枝さん

逗子市在住 50歳

11月15日号

豊岡 誠司さん

丸太からアウトリガーカヌー作りに挑戦している

豊岡 誠司さん

逗子市在住 54歳

11月1日号

長峰 宏治さん

逗子市内で様々な企画をプロデュースしている

長峰 宏治さん

逗子市在住 46歳

10月18日号

清岡 優子さん

バイオリニストで「デュオハヤシ国際コンクール」で優勝した

清岡 優子さん

逗子市久木在住 37歳

10月4日号

田嶋 博雄さん

(一社)逗葉医師会の会長に就任した

田嶋 博雄さん

逗子市在住 71歳

9月20日号

松苗 幸希さん

セーラーとして東京五輪を目指している

松苗 幸希さん

葉山町在住 33歳

9月6日号

箕輪 亮佑さん

スペインセーリングチームの市民応援団で活躍する

箕輪 亮佑さん

小坪在住 23歳

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク