神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
逗子・葉山版 公開:2024年3月15日 エリアトップへ

葉山町制100周年PR大使に就任した「ミューシー」を生み出した 大竹 則彦さん 葉山町下山口在住 67歳

公開:2024年3月15日

  • X
  • LINE
  • hatena

海と町、愛する創造者

 ○…アオウミウシをモチーフに7年前に制作したキャラクター「ミューシー」が、葉山町制100周年PR大使に就任した。環境問題も視野に入れながら、海の楽しさ、素晴らしさを伝えるコンセプトが、町制100周年を盛り上げようとする町の思いと合致し、白羽の矢が立った。「単に遊びに来てくださいではなく、葉山らしい質のいい観光をPRできれば」と意気込む。

 ○…本業のイラストレーターの仕事をしながら、SNSの発展もあり、「キャラクターを制作して自分で育ててみよう」と思い立った。約10年前に当時まだ小さかった息子が、芝崎海岸で見つけたアオウミウシの美しさが頭に浮かんだ。子どもが「ウミウシ」と言った時に聞こえた「ミューシー」を名前に。フィギアとイラストに加え、昨年は着ぐるみも制作。ビーチクリーンの応援に駆け付けるなど外に出ると、それまでのSNS上での人気が、地域にも広がっていった。

 ○…横浜市出身。図画工作が得意でプラモデルが好きな少年だった。自営業の親の影響もあり、高校卒業後は手に職を付けようとインテリアデザインやイラストの勉強をし、フリーのイラストレーターになった。半立体イラストを得意とし、かつてTVチャンピオンにも出演。「すぐ負けましたけど」と苦笑い。

 ○…マリンスポーツが好きで、海辺にアトリエが欲しかったことから、16年前に葉山に移住。「気持ちよく深呼吸ができる。都心から帰ってきて逗葉新道を抜けると空気感が違う」とぞっこんだ。まちを盛り上げるため、今年も4月からの葉山芸術祭に参加する。オブジェ制作やミューシーとの撮影会を予定。葉山のPRとともに、ミューシーの知名度アップにもつなげていく。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

深沢 武さん

逗子フリースクール連絡協議会の代表を務める

深沢 武さん

逗子市小坪在住 54歳

5月24日

杉山 晴香さん

映画『夏の一歩』で演技指導を担当した

杉山 晴香さん

逗子市小坪在住

5月10日

小田 乃梨さん

今回から葉山芸術祭の実行委員を務める

小田 乃梨さん

葉山町一色在住 41歳

4月26日

志原 光徳さん

第54代逗子警察署長に就任した

志原 光徳さん

逗子市池子在住 58歳

4月12日

柳川 謙司さん

第75代葉山警察署長に3月19日付で就任した

柳川 謙司さん

横浜市在住 59歳

3月29日

大竹 則彦さん

葉山町制100周年PR大使に就任した「ミューシー」を生み出した

大竹 則彦さん

葉山町下山口在住 67歳

3月15日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook